アイガの散策記

出先からリアルタイムに写真やコメントをアップ

第66回山田記念ロードレースと秋田観光

4/28~5/1にいってきました

このレース、ボストンマラソンで当時の世界記録を出した

大館(おおだて)市出身の山田敬蔵選手を称えた大会だとか。

 

<レース結果>

10kmに出場、63分25秒

もう最近は65分切れればいいな

なのでよしよしです(^^

少し余力残ってたので

もっと力出し切るべきだった

 

<コース> 

10kmだときつく感じるアップダウンは1ヶ所だけだったかな?

1500人規模で5mほどの幅は

追いついてくるハーフトップランナー

邪魔にはなってなかったと思う。

選手の切れ目になるべく車を通そうとしているようで

選手にとってちょっと危ない。

私も割と目の前を車が通りすぎた

 

<大会全体>

会場案内が不足してる
受付場所を人の流れで察するしかなかった。
会場案内図は受付で貰った冊子のみで

現在位置が分からないので
近くにある何かで現在位置推測するしかない。

  

荷物預けは預かり番号を選手に渡す方式

私はウエストポーチ装着なので問題ないが、

何も持たずに走る人は困ったろうなぁ。

 

大館駅からの路線バスでは

会場最寄りのバス停から会場まで結構歩くので

駅からのシャトルバスが次出るとしたら欲しい

(今回は路線バスで良かった、理由は後記(^^)

 

トイレは1500人と小規模大会なので

数人ならぶ程度で問題なし

 

更衣室はテントが一つ

利用者少なく空いてたが

二畳分ほどだけ板とブルーシート引いてたが

あとはアスファルトの地面剥き出しと

更衣室環境悪し

 

ネタになると貰うの楽しみにしてた

東方区以外から来た参加者全員へのプレゼント「あきたこまち

は冊子に書いてた付近で見つけられず

総合案内所の人に案内してもらった。

てか、案内所の反対側だった。

お米受け取る時に係員しか入れない場所に

貼ってた紙を消しこんでた。

参加者にも見える場所に貼ってくれ…

あと5kgのお米をこの後の観光で持ち歩くには

重すぎるので次の観光地に向かう駅でゆうパック利用

会場に宅配欲しいな、できれば無料で(^^

 

帰りの路線バス乗り場と

駐車場までのシャトルバス乗り場が

同じ場所で、シャトルバス係の人が

シャトルバスに隠れた路線バス亭で

待ってる私達を路線バス運転手が

見落とさないように道路見張って

路線バスに合図して止めてくれたのは

好印象だった。

 

運営の悪さが目立った大会だったかな(^^;

 

 

 

ここから待ち時間、移動時間 で

都度書いてた内容です

 

<4月28日>

時間あったので

リニューアルした伊丹空港

さらっと見て回ると

f:id:aiga:20180428180546j:image

よしもとお笑いライブやってたw

 

f:id:aiga:20180428180740j:image

終了後の全員集合

f:id:aiga:20180428180819j:image

この人達

 

秋田到着

f:id:aiga:20180428181009j:image

秋田と分かる一枚目w

 

秋田駅に向かうバスの中から

f:id:aiga:20180428181734j:image

秋田の夕日

なかなかきれい

 

秋田駅で駅弁買って

車内で食うつもりだったが

3両の普通車は向い合わせの長椅子しかなく

食いにくかったので

大館のホテルまで持ち込み

 

大館駅に着いて

明日の朝飯を駅のニューデイズ(コンビニ?)

で買う予定だったが19時閉店だったorz

 

検索したらホテルの割と近くに

開いてるコンビニあったので、そこで購入

晩飯が駅弁だけでは足りないと思い

ビール含めて買い足してホテルへ

(だから前日に飲むな)

そして。。。食い過ぎだったようで

少し吐いた(何やってんだorz)

 

さらに朝飯買い忘れてた←

 

<4月29日>

朝、再び駅前のニューデイズに行くと

朝6時50分からでまた開いてなかった

 

ラソン会場最寄りバス停から

まあまあ近くに開いてるコンビニあって

朝飯食えた(^^

 

f:id:aiga:20180429113021j:image

会場着いて

f:id:aiga:20180429113042j:image

ざっと散策すると

 

f:id:aiga:20180429113126j:image

今話題の秋田犬

でかいよ。

 

f:id:aiga:20180429113113j:image

この子を触らせてもらった

ふさふさー

 

f:id:aiga:20180429113252j:image

桜まだ咲いてた

 

f:id:aiga:20180429113321j:image

開会式見て

 

f:id:aiga:20180429113354j:image

いつも通りほぼ最後尾からスタート

 

沿道の応援に手を振りながら

思ったよりも早くからペース上がってゴール

あとちょっとならペースまだ上がれてたかな?

というくらいの余力残ってた

 

トラックがスタートとゴールだと

陸上選手になった気分w

ゴールのトラック一周が

結構しんどかったが(^ ^);

 

 

f:id:aiga:20180429113825j:image

参加者無料配布の

秋田名物きりたんぽ

初めて食ったがモチモチで美味かった

後で聞いたが、これはおやつで

きりたんぽはナベが主食だそうだ

 

そして

探しても場所が分からず

お米引き換え券も送られてきてなかったので

東京マラソン抽選会と同じく

ハーフの人だけかなと

総合案内の人に聞くと

案内と取次もしてくれて

f:id:aiga:20180429114010j:image

東北以外の参加者全員貰える

遠来賞頂きました(^ ^)

5kgと以降の観光に持ち歩くには

重いので宅配探して

大館駅ゆうパックで送った

(男鹿(おが)の旅館で頼んで

 その時の話のネタにしたいなと

 ゆうパック迷ったのは内緒←

 

男鹿までの列車がやっぱり

向い合わせで、昼は追分(おいわけ)駅乗り換え待ちの

15分で朝のコンビニおにぎりくった

もっとノンビリゆったりな観光したい

 

 

f:id:aiga:20180429183936j:image

男鹿に到着

 

f:id:aiga:20180429184028j:image

ボタン押すとなまはげが歓迎してくれるw

 

予約してたなまはげシャトル

f:id:aiga:20180429184137j:image

真山(しんざん)のなまはげ館へ

 

f:id:aiga:20180429184207j:image

職人がなまはげの衣装を作成していた

 

f:id:aiga:20180429184321j:image

石川千秋さん

買おうか迷って、後出来たらもう店じまいしてた(

 

f:id:aiga:20180429184544j:image

なまはげずらりは圧感だった

 

f:id:aiga:20180429184723j:image

決まった型のないらしいナマハゲ

なまはげ館のある真山は

ツノがない本家(?)

観光化とともに鬼になったと

wikiに書いてたような

 

f:id:aiga:20180429185206j:image

伝承館でまなはげ体験

人少なかったら入り辛いなと

計画時は思ってたが

いらん心配、満員立ち見だった

立ち見の方が写真撮りやすく

結果オーライ

 

f:id:aiga:20180429185559j:image

激しく戸を叩いてなまはげ登場

間近に迫られて泣きだす子供が

数人いて本物見れてる気がした(^^

 

f:id:aiga:20180429190000j:image

なまはげの攻めに

謝りながらも嫁孫かばう主人

こういうやりとりあるのかぁ

 

f:id:aiga:20180429190334j:image

家事せずカラオケに明け暮れている

という嫁を問い詰めるために

観客の中から探し出そうとする

なまはげ、楽しませてくれるなぁw

 

f:id:aiga:20180429190613j:image

主人の酒等のおもてなし

と言う名のごまかしに

引っかかるものかと

食い下がるも

最後は納得して(させられて

去っていくなまはげで幕

 

f:id:aiga:20180429190950j:image

締めの挨拶に再登場した女性

オチがしっかりしてましたw

ぜひ実際に体験してみてください

 

所々笑いが上がる、私も笑った

楽しい場所だった(^ ^)

 

もう一箇所の観光地

真山神社

f:id:aiga:20180429191340j:image

と思ったが、本殿まで2.3km

しかも山道

残り時間では無理と

一番近い五社殿で折り返すことにして出発

 

f:id:aiga:20180429191945j:image

神社拝殿でお参りして

 

f:id:aiga:20180429192155j:image

左が約10年前作成

右が約300年前作成

昔の技術凄い

 

f:id:aiga:20180429192425j:image

300mはすぐだろうと思ったが

この道で息上がった(^ ^);

 

f:id:aiga:20180429192603j:image

五社殿でお参りして折り返し

 

f:id:aiga:20180429192711j:image

この先に登っていく人もみかけた

 

f:id:aiga:20180429192800j:image

なまはげシャトル乗り場で待ってると

桜が咲いているのに気づいた

 

今夜の宿に着いて

温泉に入って

f:id:aiga:20180429192932j:image

飯〜

部屋食だった

今回は酒も料理も美味しくいただけた

 

f:id:aiga:20180429193307j:image

しょっつる鍋が吹きこぼれて

火力が凄いことにw

 

f:id:aiga:20180429193201j:image

これ勧められて

いく気になってなかったら

もっと呑んでたなw

 

昨日多かったとのことで

開場時間に合わせていったら

最前列付近の床に座る場所と

後列の椅子席真ん中列は

既にうまってた

開演する頃にはほぼ満席で

150〜200人くらいいた

 

f:id:aiga:20180429212758j:image

開演

 

f:id:aiga:20180429212829j:image

すぐになまはげ登場

 

f:id:aiga:20180429212916j:image

お腹に響く太鼓の音が心地よい

 

f:id:aiga:20180429213038j:image

時折降りてきて

子供を探しては泣かすと

会場が笑いに包まれる

子供はそれどころじゃないと思うがw

 

f:id:aiga:20180429213356j:image

会場中から手拍子で盛り上がる

ちょっとだけゆかりんライブ思い出した(^ ^)

 

f:id:aiga:20180429214448j:image

曲の合間のジャンケン大会の

優勝者に賞品授与

撮り損ねたが

小躍りしながら席に戻る

ノリノリの人だったw

 

 

f:id:aiga:20180429213645j:image

ソロパートも順番にあり

もう一回コール

(をしてと壇上から進行役が

    客席に向かってリクエストがあり

    それに答えるw

当のソロやり終えた人は

かなり疲れるのか

パフォーマンスか

嫌がってたw

 

f:id:aiga:20180429214249j:image

会場の子供のソロパートもあったw

いいサービスしてるな(^ ^)

 

f:id:aiga:20180429214401j:image

30分程のミニライブだったが

楽しかったな(^ ^)

余韻で旅館のたっかい酒とツマミを

かってしまうほどにw

 

翌朝、時間過ぎても朝食来ないので

フロントに電話すると

「すみません、大広間で用意しています」

説明なかったよな?

納豆残して美味しく頂きました

 

食事場所以外にも

・トイレのドアが便座に当たる

(無理やり改造したんだろうなぁw)

カメムシ大量発生の警告が

 部屋の案内冊子に挟み込まれてたが

 直接説明はなかった

 (富山の五箇山行った時は説明あった)

二匹駆除、一匹顔洗ってたら流れていったw

一匹放置、朝食のお膳にも一匹上がってきた;;

チェックアウト直前、手洗おうと蛇口ひねると

手にカメムシ

匂いがぁぁ

壁に止まって時折羽音くらいは放置できるが

匂いだけは避けたかった(^ ^) ;

と、良かった点より、悪かった点が

上回ったかなぁ

 

<4月30日>

今日の観光地

男鹿水族館GAOまで

予約してたなまはげシャトルで移動。

時間に追われそうな遊覧船はやめて

戸賀湾展望公園でのんびりすることにした。

 

f:id:aiga:20180430091502j:image

展望台から見た

灯台のある島、宮島

なんだけど、電線ジャマッ

 

f:id:aiga:20180430091715j:image

反対側は綺麗

 

ちなみに、公園という名称だが

f:id:aiga:20180430092226j:image

展望台とこの写真撮った時座ってた

木のベンチ以外は駐車場だった(^ ^)

 

こうしてのんびり景色眺めてると

ゆるキャン思い出したw

 

f:id:aiga:20180430094132j:image

公園の看板あったっ

公園なのか、本当に

 

f:id:aiga:20180430094548j:image

電線にジャマされない宮島

 

日差し強く、ここも冬ジャージは暑いかと思ったが

風もそこそこ強くて心地よかった

 

座ってばかりじゃ今夜の食事美味しくないかなと

f:id:aiga:20180430103152j:image

海岸の岩場歩けたので行ってみた

 

f:id:aiga:20180430103251j:image

ここまで〜

一面海までは辿り着けず

足場悪くてこけたらみっともないし、

この後の観光台無しになるので

かなり慎重に歩いた 。

この姿も恐る恐る過ぎてみっともなかったりして(

 

戻ってると

f:id:aiga:20180430103809j:image

釣り人発見

 

f:id:aiga:20180430104302j:image

来る前は乗ろうとしてた

遊覧船ってこれかな?  

漁船に見える

 

f:id:aiga:20180430104710j:image

別方向からの宮島

f:id:aiga:20180430104741j:image

アップ

 

f:id:aiga:20180430104801j:image

名を知らぬ島

 

戻って来たら

f:id:aiga:20180430105631j:image

遊覧船乗り場閉まってた

あれやっぱ漁船か

そして、予定変更してよかった

 

f:id:aiga:20180430110615j:image

あれ、溶岩だったのか

 

f:id:aiga:20180430111019j:image

強風にたなびく鯉のぼり

 

のんびり過ごして

男鹿を後にし

今夜の宿、秋ノ宮山荘へ

5時間弱かけて移動。

 

ほんと移動時間の方が長いチョイスになったな

JR東日本のモデルコース参考にしたから、

さもありなん(^^

 

宿に到着してWi -Fi確認したが

一覧には一つも出てこなかった。。。

 

夕飯前に露天風呂に入ってると

柵の向こうから女性の声

アニメで定番シチュを体験できるとはw

 

風呂上がり、牛乳が無かったので

飲むアイスで代用

結構美味しかったが

後でまた売店見ると

ラムネが売ってた

こっちの方がよかったかも(^ ^)

 

f:id:aiga:20180430174610j:image

部屋の窓からの景色

 

 

f:id:aiga:20180430174652j:image

カラス?

 

送迎車の中から見た感じ

観光者散策用の場所見当たらず

民家もあったので

外には出なかった。

部屋の冊子見ても

車で10分とかばっかで

男鹿でも思ったが

車で来るべき場所だなぁ

 

男鹿みたいに安めの乗合タクシーあれば、

滝の見れる場所行ってみたかった

 

今日は昨日ほど動いてないので

また、満腹で食い切れないのかなぁ

と挑んだ夕飯

f:id:aiga:20180430192524j:image

そんなに多く感じず

 

f:id:aiga:20180430192600j:image

これだけを

 

f:id:aiga:20180430192732j:image

鉄板の温まり具合は

嫌いな玉ねぎに任せて(

 

f:id:aiga:20180430192644j:image

昨日と同じく

 

f:id:aiga:20180430192748j:image

f:id:aiga:20180430193147j:image

地元産の

ビール、焼酎ロックで米蔵を含めて

30分で飲み食い終わっちゃいそうだったので

焼肉はじっくりとやってたら

 

f:id:aiga:20180430193600j:image

肉3切れ中2切れ残して

火が消えた(^ ^);

 

f:id:aiga:20180430193724j:image

追加の火をもらって

焼酎太陽の花を追加したが

最後の一枚が焼ける前にまた消えた(^ ^);

普通より小さな火種だったからな

 

f:id:aiga:20180430193953j:image

ごはんと共にまた火を頼んで

 

f:id:aiga:20180430194116j:image

焼けたのかまだ赤いのか

よく分からなくなってたけど←

食べたらしっかり焼けてた(と思う

 

f:id:aiga:20180430194235j:image

デザート頂いて

部屋に戻ると

 

f:id:aiga:20180430194408j:image

売店が19時までだったので

昨日の事もあって買ってた柿ピーと

 

f:id:aiga:20180430194316j:image

氷結が待っていた

(これは部屋に戻るときに

    自販機で買ったんだけどw)

 

これ書き終わった時点でまだ20時前

追加で飲むしかないでしょう←

 

呑めなかった前回の福島県

前々回の青森との違いは

疲れ具合かなぁ?

何にしても今回は旅館の2日とも

美味しくいただけてよかった(^ ^)

 

部屋で呑みながら

f:id:aiga:20180430204217j:image

さんまの番組見てたが

相手知らなくても、

さんまのトークだけで面白かったw

 

呑み続きながら偶然

ツイッターDM経由で

二人になったネット身内掲示板いったら

5年ぶりって書き込みあった

来年正月からは3人だw

 

最後の締め用に買ってたアイス

f:id:aiga:20180430212809j:image

昨日泊まった男鹿市産は何の偶然(^ ^)

 

<5月1日>

チェックアウト時に

「ここ知ったのは何で?

 あなたの市のホテルに

 パンフ置いてるんですよ」

とのことで偶然に驚いたが

調べてみると曖昧に記憶してたホテル名が

違う県にあった←

 

駅まで送ってくれた車の中で

他愛もない話の中に

さり気なく、

秋の紅葉や6月のお祭りを混ぜて

再訪を促されてる気がしたw

のんびり散策はよさげだけど

行ってない県行くのが優先だ(^^

 

f:id:aiga:20180501103929j:image

途中こまちに乗り換えて

田沢湖駅に着いて

田沢湖の公園で食う予定だった駅弁どころか

キヨスクに弁当一つもなく

観光案内の人に聞いても

他に弁当売っている場所もないそうで

仕方ないパンにするかと

キヨスクに戻ると弁当並んでた(^ ^)

目的の駅弁無かったのは残念だが

これで外で食える

 

f:id:aiga:20180501103845j:image

バス待ち場所からの田沢湖駅

 

f:id:aiga:20180501122703j:image

たつこ像

 

f:id:aiga:20180501122850j:image

船が来た

 

時間あるからと

たつこ像にしばらくとどまって

かえりの船乗り場確認してから

目的地へ行こうと

船乗り場探すがない。。探すがない

結局電話して確認

残り90分程になってしまったので

 

f:id:aiga:20180501151318j:image

少し急いで入り口に行くと

 

f:id:aiga:20180501151455j:image  封鎖されてるΣ

 

仕方ないので遠回りの車道を進む

時間焦りだして軽く走り出す

走れる格好での観光はこういう時の為←

 

 

f:id:aiga:20180501123653j:image

雪だ

 

f:id:aiga:20180501123835j:image

1kmほど走って入り口みえた。

ん?

封鎖されてた入口看板

そういや、「かたまえ」じゃなかったな

ということは

間違った入口から行こうとしてた(汗)

 

ここまで珍しいことに

大きな道間違いはなかったが

盛大に迷うとこだった

封鎖してくれててありがとう(^ ^)

 

そして、ここからは坂が急過ぎて

歩きだしたが

f:id:aiga:20180501152245j:image

それでも息切れる坂道だった

 

最後の方に勾配15度の看板あったが

しんどくて撮るの忘れてた

 

f:id:aiga:20180501152631j:image

着いた〜

 

呼吸落ち着くのを待って

f:id:aiga:20180501152805j:image

この景色を見ながら

f:id:aiga:20180501152853j:image

お弁当頂きます

 

食ってる最中

男女カップル(夫婦?)がやって来た。

景色のいい場所で二人きりになれず残念賞(

 

その後も、オッサンペア、

犬連れた若い夫婦?がやって来た。

キャンプメインの場所っぽいけど

それなりに人くるんだな。

 

予定の半分も

のんびりできなかったが

f:id:aiga:20180501153703j:image

それでも30分くらいは

 

f:id:aiga:20180501154155j:image

綺麗な田沢湖眺めてた

 

帰りは急な下り

息は上がらないが

ブレーキかける足には

それなりにひびく(^ ^);

 

f:id:aiga:20180501154800j:image

余裕持って船乗り場到着

後から親子三人がきて

ここから乗るのは四人

 

朝、バスで着いた時にやってきた船は

満員に見えて

f:id:aiga:20180501155046j:image

やってきた船が後三人しか乗れない

なんて言われて

親子に譲る

という妄想してた←

 

f:id:aiga:20180501155540j:image

でもガラガラで余裕で乗れた

 

f:id:aiga:20180501155727j:image

船のスピード結構速く

藍色と言われる湖面と

飛沫の白が綺麗だった

 

f:id:aiga:20180501160157j:image

写真では気に入ったのが撮れてないが

ほんと綺麗な色だった。

 

f:id:aiga:20180501162204j:image

ん〜これもこの目で見たほど

綺麗に写ってない

 

f:id:aiga:20180501162554j:image

湖畔に着いて

バスまで1時間あるので

予定通り散策

 

f:id:aiga:20180501162710j:image

散った桜の木々を越え

 

f:id:aiga:20180501162905j:image

海岸のような湖畔を眺めながら

 

f:id:aiga:20180501163007j:image

目的地到着

 

f:id:aiga:20180501163042j:image

まあまあでかいが

圧倒感はなし

という、青森の松と同じ感想(^ ^)

(1枚目の看板読めないかも?

 蓬莱の松という名です)

 

戻ってまだ時間あるので

秋田犬が見れる場所あったので

100円払って入ってみた

餌代大変だそうな(^ ^)

 

f:id:aiga:20180501163416j:image

人間だと80歳くらいらしい老犬

寝てたが無音カメラで撮影してたら起きた

気配が去らないので起きてくれたか?w

大館の時みたいにさわれないのは残念

 

f:id:aiga:20180501164028j:image

こっちは生後半年の子犬

でも寝てた(笑)

 

f:id:aiga:20180501164407j:image

種の保存ファイトです

子供の頃飼ってた犬

秋田犬との雑種だったかな?

というくらいありふれた種だと思ってた

 

ちなみに、「あきたけん」ではなく

「あきたいぬ」だと最近知った

 

鶏も数種類いて目をひいたのは

f:id:aiga:20180501164914j:image

これ

 

f:id:aiga:20180501165049j:image

綺麗でなんかカッコよかった

網が写らないように

正面の網にカメラくっつけたかったが

突かれそうなくらい動いてたのでヤメ

直後網目にクチバシ突っ込んできた(^ ^)

 

ちなみに初日に秋田駅で買った

比内地鶏の鶏めし弁当て

この鳥だよな?

ご馳走さまでした(^ ^)

 

 

あと少しの待ち時間で

みそたんぽ食った

小腹すいてるときにいいなこれ

 

 

f:id:aiga:20180501165552j:image

こまちで秋田駅

「こまち」という名は

今でも特別に感じるなぁw

 

f:id:aiga:20180501173347j:image

空港着いて、土産買って

案の定膨れて持ち込めそうにない

リュックを預けて

後は出発待ち

 

と思ったが検査場通って中の

売店兼レストランが目について

腹減ってきて

比内地鶏だしのラーメン食った。

鳥のだしってチキンラーメン以外

食ったことなかったけ?

ってくらい新鮮で美味かった

 

そしてこれで伊丹着いてからの飯は

パスして一本早いバスで帰れる(^ ^)

 

f:id:aiga:20180501194659j:plain

 夜のフライト多分初めてで

多分大阪の夜景、結構きれいだった

 

伊丹空港着いて

手荷物受け取りは

やっぱ時間ロスだなと

思いながら受け取り

f:id:aiga:20180501202250j:image

豚まん買って

時間ないなとバス停前で立ち食い

そして10分以上バスを待つ(あれ?

 

帰りのバス

パトカーが何か文字表示しながら

走ってて事件? 犯人追跡中!?

協力依頼の表示か!

と目を凝らしてると

 

f:id:aiga:20180501212152j:image

安全運転の呼び掛けだった(

よく考えなくても

パトカーで尾行が出来るか!

 

以上、秋田観光と山田記念ロードレースでした。

(写真ボケてるの多いなぁ(汗))