アイガの散策記

出先からリアルタイムに写真やコメントをアップ

第11回萩・石見空港マラソン

10月21日の第11回萩・石見空港ラソンに行ってきました

空港滑走路を走れる珍しいマラソンです

 

<マラソン総括>

ハーフを走って2:35:13でした

序盤、中盤にアップダウン、ゴールまでの500mほども上りで

スパートなんて無理(^ ^);

目玉の空港滑走路は

とにかく広い!

殆どの人が端の最短コース走る中

ど真ん中走ってなんか浸ってたw

カーブでは大回りになり

同じくらいのスピードの人に

どんどん抜かれた(^ ^)

 

一般道で後発の10kmが追いついてきたが

まずまず広かったので問題なく抜いて行き

間もなくコース別れたので

10kmの集団が追いついて

私ら遅いハーフが迷惑かけることのない

良いコース

 

沿道の応援はまばらだけど

声出して応援してくれる人達が多く

答えがいがあった。

ありがとうと声出して手振ってたので

応援が続くと多少疲れた(^ ^);

 

運営面

駅からの8人乗りシャトルタクシーは

数台が待ち構えてて

満員まで待たずに人が乗ったら即出発と

待ち時間無く快適

 

トイレは体育館のトイレが

スタート30分前でも待ちなし

大会冊子に載ってたのに意外

 

記録証発行なく貼り出される

これは寂しい

(10月26日追記)

後日、記録証が郵送されてきました

機械トラブルで発行できなかったようです

そういや、ゴール後、道をショートカットで荷物撮りに行って

少しして記録証貰ってないこと思い出して言ってみると

張り出されてたそばにプリンターらしきもの置いたテントあったな。

ショートカットせず前に進んでたらあのテント付近で説明あったんだろうな(^^;

 

 

食べ物露店は5つくらい

3500人ほどの大会なので十分かな?

待ちも数人

肉うどん、ラムネジュース、焼きだんご

を頂きました

 

気持ちの良い大会でした

唯一、滑走路の写真撮りたかったなぁ。

なんで禁止なんだろう?

案の定、写真撮ってる人見かけたけど(— —)

 

 

ここからは時系列

 

〈1日目〉

新幹線の広島駅から

これで今日の目的地へ

f:id:aiga:20181020095405j:image

 

f:id:aiga:20181020155502j:image

到着

早速散策開始

 

f:id:aiga:20181020155850j:image

まんまの名の橋

 

f:id:aiga:20181020155957j:image

小さな小学校

何人くらい通ってるんだろう

 

f:id:aiga:20181020160225j:image

f:id:aiga:20181020160321j:image

銀細工の店

記念に買って帰るならここかな?

でも高そうだなぁ、中に客居なくて

入り辛いなと通り過ぎた。

 

f:id:aiga:20181020163649j:image

散策目的地までは、民家がポツポツ

生活圏犯してるようで

ちょっと気が引けてきた(^ ^);

 

 

f:id:aiga:20181020163345j:image

この看板見ずに猿見かけてたら

写真撮ろうとしただろうな

 

f:id:aiga:20181020164058j:image

紅葉には早かったが

陽に当たった緑がいい感じの色に。

 

f:id:aiga:20181020164402j:image

ねこー
f:id:aiga:20181020164406j:image

ねこねこ

 

f:id:aiga:20181020164636j:image
f:id:aiga:20181020164620j:image

権力者の屋敷?

木の家は懐かしい

 


f:id:aiga:20181020164623j:image

外装が木の自販機

お値段普通か水110円は高い?


f:id:aiga:20181020164630j:image

散策目的地到着

入場料払って
f:id:aiga:20181020164617j:image

f:id:aiga:20181020164632j:image

中へ 

 

f:id:aiga:20181020170509j:image

中に入って間も無く

多少デコボコした天井の岩に

軽く頭ぶつけた

入場料払った時、注意されたのに(

 

f:id:aiga:20181020173957j:image

奥の壁の銀っぽい色はもしかして?

坑道のなかはこんな感じで

横穴がライトアップされてた

そんな中、ライトアップされてない横穴見つけると

ゴブリンが潜んでいるのでは!

と警戒してた(ない

 

f:id:aiga:20181020174819j:image

旧坑道の終わりに説明板

 

f:id:aiga:20181020174957j:image

その横に先が見えない細い坑道が。

 

f:id:aiga:20181020175241j:image

新坑道、まるで違う

旧坑道と別の技術で掘られたのかな?


f:id:aiga:20181020175244j:image

こんな感じの解説パネルが

出口まで掲示されてた

 

f:id:aiga:20181020175634j:image

光が、出口だー

 

帰り道

f:id:aiga:20181020175834j:image

まだ限定品に弱かったようで

中に入って視線が合うと

香木師の人が解説し出して

香が消えてもハンマーで軽く叩けば

香が復活する香り袋

f:id:aiga:20181020205408j:image

一個買いました

どこで使う気だ(^ ^)

 

f:id:aiga:20181020180824j:image

鉱山の守り神の神社へ


f:id:aiga:20181020180821j:image

鳥居をくぐって

なんか神社に似つかわしくない物が見える

 

f:id:aiga:20181020180835j:image

絵馬があった


f:id:aiga:20181020180830j:image

で、工事中でした(^ ^);


f:id:aiga:20181020180838j:image

お賽銭もこんな感じ


f:id:aiga:20181020180816j:image

保守ご苦労様です!

 

行きに気になってたこのお店

f:id:aiga:20181020183621j:image

帰りに外から覗くと

1000円の値札も見えたので中に入った

案の定、指輪やネックレスが多かったが

ストラップもあり、これ買った

f:id:aiga:20181020205430j:image

値段表示1600円が決めて

だったんだけど

それは上の列の値段で

私が手にしたのは

f:id:aiga:20181020183348j:image

端数はおまけしてくれた(^ ^)

 

さらに行きに気になっていた民家の軒先

家の人らしき人がまだ外で作業していたので

許可もらって撮影したものとは

f:id:aiga:20181020181637j:image

イノシシの頭!

畑が荒らされたから懲らしめたそうだ

話聞いた時、「すげーっ」って声出た(^ ^)

 

銀山地区を予定より早く歩き終わったので

町並み地区を早歩きで散策

 

街並みも見所の一つみたいな事

書いてたと思うが

f:id:aiga:20181020162827j:image

昔見たような古い民家が並んでる程度

武家屋敷がデンデン!と並んでるのを

想像してたので、ちと残念(^ ^);

 

f:id:aiga:20181020183750j:image

泊まれるのかな?

 

f:id:aiga:20181020183916j:image

高台から眺めればなかなか良い

 

f:id:aiga:20181020192139j:image

学生時代にはお世話になった銀行

懐かしい

 

f:id:aiga:20181020184151j:image
f:id:aiga:20181020184154j:image

町並み地区のゴール?

代官所

バスまで後5分だったので

写真撮っただけで

 

f:id:aiga:20181020184401j:image

バス停前の森

色づき始めてるね

 

f:id:aiga:20181020184547j:image

バスと列車でマラソンがある益田市


f:id:aiga:20181020184549j:image

車窓からの一枚

もう少しで水平線に沈みかける夕陽を

撮れたのになぁ(^ ^)

でもこれもなかなか


f:id:aiga:20181020184543j:image

益田市に到着

 

f:id:aiga:20181020205523j:image

夕飯は親子丼と釜揚げ蕎麦

注文受けて一度引っ込んだおばちゃんが

「親子丼はミニでした?」

と聞き返しに来たので

量多すぎるのかと思ったが

ちょっと多かったかな?

くらいで、美味しく頂きました

 

さあ、明日が本番だ

でも2時間ちょっとの散策

歩いてる時は早足

と前日に足使い過ぎたかも(

 

〈2日目〉

大会当日

駅から8人乗りシャトルタクシーに

同時に着いた2人だけ乗ったら出発した

数台待ち構えてて

名前の通りタクシーぽい運用だった

いつもの満員まで待つシャトルバスと違って

贅沢な気分w

 

f:id:aiga:20181021140733j:image

15分ほどで会場に着いた

 

f:id:aiga:20181021141403j:image

限定2000人

まぁ無くなってるだろうな

と思ってた通りゴールして

ここに来た時は終わってた

ただ、先にトイレ行こうした時に聞こえた

「あと少しで終了でーす」

はこれの事だったかも

 

f:id:aiga:20181021141937j:image

更衣室の北から

割といい眺め 


f:id:aiga:20181021141940j:image

足休めてようと

斜面に座ってぼーっと遠くの風車眺めてた

回ってたか止まってたか覚えてない(


f:id:aiga:20181021141934j:image

開会式になんかいたw


f:id:aiga:20181021141954j:image

ドロンジョ様とボヤッキー

相変わらず撮らせてくださいと

声かけられない


f:id:aiga:20181021141951j:image

スタート地点に並ぶ


f:id:aiga:20181021143507j:image

いつものとうり

ほぼ最後尾

 


f:id:aiga:20181021141927j:image

だいこーん

 


f:id:aiga:20181021141947j:image

バットマン

 

撮ったコスプレの中で

大根だけ最後まで見なかったな

一番走りにくそうな格好だったのにw

 

f:id:aiga:20181021143707j:image

大漁旗?による応援

意外で驚いた(^ ^)

が海の町かここも

 

f:id:aiga:20181021144000j:image

その、うーみー


f:id:aiga:20181021144016j:image

祭りの季節でもありますな

 


f:id:aiga:20181021144012j:image

ポニー?

撫でに行こうと近寄ったら

ドロンジョ様がやってきて

ケーブルテレビかな?

も構え出して撫で損ねた

 

コスプレ応援団が待ち構えてたので

全員撮影w

f:id:aiga:20181021143956j:image
f:id:aiga:20181021144024j:image
f:id:aiga:20181021143950j:image
f:id:aiga:20181021143945j:image
f:id:aiga:20181021144005j:image
f:id:aiga:20181021144038j:image

赤ずきんの子が可愛いく見えた(^ ^)

 

f:id:aiga:20181021145402j:image

f:id:aiga:20181021145407j:image

声と合奏で応援

これも力もらえるんだ


f:id:aiga:20181021145410j:image

アンパンマン

 

こんな感じで力もらえる応援多く

楽しく走れ切れました

 

本当はもう一つ

ラスト1km付近にブラスバンドがいて

今度は音声入りでと

動画を撮ったつもりが

保存できてなかったorz

 

走り終えて一息ついて露店エリアへ

f:id:aiga:20181021150559j:image

ご当地グルメに引かれたが

疲れが勝り、あっさりの肉うどんにした

その後、懐かしのビー玉入りラムネと

焼きだんご頂きました

お土産品が売れない

との声が聞こえてきたが

まぁ、3500人の大会じゃ

地元島根の人が殆どでしょう(^ ^)

 

制限時間の30分後の

大会本部とかのテント解体に

露店の人達は

「もう片付けるの?」

とやや不満顔

 

これには私も同意で

最終ランナーゴールから

1時間くらいは賑わっててほしい

でないと、ゴールした後楽しめない。

 

会場を後にし

散策、の予定変更して

散策目的地で座ってまったりする事に。

 

まずは、蟠竜湖が見れそうな

間歩の広場へ

。。。案内板の入り口見つからない

で、間歩(坑道)の言葉から

f:id:aiga:20181021154305j:image

もしかしてここ?

と結構な急坂を下りていくと
f:id:aiga:20181021154254j:image

行き止まりの柵Σ

 

柵の横を通って数メートル進むと

(やっては行けなかったかもしれないが

    何も書いてなかったしっ()
f:id:aiga:20181021154301j:image

蟠竜湖見えたー

が、

座るとこないし、虫飛んでるしで

早々に退散

 

f:id:aiga:20181021193412j:image

後から案内板もう一度確認

やっぱりさっきの場所ぽいが

広場とはなんぞや

(違ってたりして)

 

太陽の広場で

くつろぐついでに

このブログ書き進めて

書くの飽きたので移動

 

f:id:aiga:20181021193725j:image

高台でまたブログ書きながら

くつろいでると

二人組がやってきて

「とれた?」

と言いながら去っていった

ポケモン

 

次は計画してた

水と青空の広場へ

f:id:aiga:20181021194258j:image

水車見ながらここでもブログ書き(

 

そうしてたら、

f:id:aiga:20181021202234j:image

晴れ着来た女性と

その取り巻き達が(ぉぃ

 

結婚式の記念撮影かな?

しばらくして、集団を仕切ってるっぽい一人が

近づいてきて、私に気づくと去って行き、

移動しかけてた集団を

元の位置に戻した。

ここ使いたいなら、交渉しに来ればどくのに。

と思いながら場所移動すると

やっぱり私がいた場所まできて

セッティングを始めた

 

f:id:aiga:20181021202907j:image

おめでとうございます?

 

この集団が去った後

もう一度水車の前に戻って

ブログを書いていた。

そもそもこんな見所ポイントで

ブログ書くな自分(

 

歩いて帰る予定だったが

予想以上に時間経ってて

路線バスにいい時間になりそうだったので移動

 

f:id:aiga:20181021203747j:image

高津柿本神社からの眺め

赤い橋って目立つなぁ


f:id:aiga:20181021203753j:image

本殿?

素通りもなんなので

二礼二拍手一礼


f:id:aiga:20181021203750j:image

降りたらこんな感じ。

 

路線バスで駅前に戻り

土産買う場所がマジ見つからなかったので

観光案内で聞くと、近くのカフェでお土産も

売ってると教えてもらい無事ゲット。

てか、土産物専門店不要な程、

観光客来ないのか、益田市(^ ^);

 

ホテルに戻って

さぁ、ご当地料理で飲みだ。

 

と、いっても、ノドグロくらいしか

見つけられなかったので

それが食えるという

居酒屋たんぼへ

 

f:id:aiga:20181021205130j:image
f:id:aiga:20181021205115j:image
f:id:aiga:20181021205125j:image
f:id:aiga:20181021205109j:image
f:id:aiga:20181021205104j:image
f:id:aiga:20181021205137j:image
f:id:aiga:20181021205112j:image
f:id:aiga:20181021205107j:image
f:id:aiga:20181021205141j:image
f:id:aiga:20181021205120j:image
f:id:aiga:20181021205134j:image

さぁ、どれがどれでしょう?(手抜き)

 

せめてノドグロの名前の由来らしい部位を

f:id:aiga:20181021205500j:image
f:id:aiga:20181021205457j:image

なるほど真っ黒

塩焼きいただいたお味は

白身魚の味でした

(私の舌はまったく)

 

会計は9200円

ノドグロ、ドジョウと高いの気にせず頼んだからな

居酒屋にしては高くついた(^ ^)

 

おまけ

f:id:aiga:20181021210116j:image

ドジョウの唐揚げは

ここからすくい上げて揚げてくれた。

 

f:id:aiga:20181021210046j:image

何かと思ったが


f:id:aiga:20181021210041j:image

常連さんのニックネーム?

 

満腹満足して益田市のらしい夜はおしまい。

 

<3日目>

帰り道は特に何もなかった

 

以上、萩・石見空港ラソンでした

(いまだに「いわみ」を「いしみ」と読みそうになる(^^;)

あかぎ大沼・白樺マラソン

8月26日に岐阜県で開かれる

第37回あかぎ大沼・白樺マラソン

に前日から2泊3日で行ってきました。

 

〈マラソンまとめ〉

10kmに参加してタイムは72分と悪かった。

 

参加者は

20kmが841人 

10kmが787人

5kmが410人

競技育成男女の部(小中学生)が274人

と私がでる中では小規模。

 

高地だし1ヶ月前から見ていた、

赤城大沼の天気予報では

9時頃は20度とか6時は10度切る日あったりと

そこそこ走りやすい気温を期待してたが

着いてみると28度、

日陰は涼しかったが日差しは暑かった。

 

コースは一周5kmの周回コース

全体的にアップダウンコースで

うち二箇所が私にはかなりきつかった。

下調べしてなく覚悟してなかったので余計に(^ ^);

その二箇所ほぼ歩いてるようなペースで走った。

 

最初にハーフランナーが追いついていた時

基本左走行、日陰求めて右にいる人もいて

道いっぱいに広がってた

結果、先導車の「左に避けてくださーい」

の定石誘導で

コース中央にいた人が左に寄ろうとして

空いてた間をすり抜けようとした

ハーフランナーのコース遮り

ハーフランナーが一瞬止まりかけた。

周回コースあるあるだが

ハーフランナーにはもうしわけない。

しんどい時だけど後ろ確認してから

コース変えないとな。

 

コースの片側が早々に規制解除されたらしく

車がどんどんやって来て

やかましい騒音バイク集団もやって来て

ムカついた。

が、目的地?でバイク止めて応援してくれてたので

ムカつき収まった(^ ^)

 

シャトルバス乗り場と更衣室と荷物預かり所が

赤城少年自然の家という施設を解放してて

和室で着替えれてトイレの数も多く待ちほぼなし

と快適だった

ただスタート地点から600m離れた場所なのは不便。

シャトルバスがスタート約1時間前着だったので

着いて着替えてトイレいって荷物預けて会場へ。

荷物預けなど施設の案内は地元の中学生?高校生?

が担当、しっかり対応してくれて問題なし。

無くした500円クーポンの再発行もしてもらった(^ ^)

 

会場で受け取る参加証と遠来賞は

走り終わった後にした。

でっかい箱持ってる人いて

遠来賞もあれだと宅配やってくれるだろうか

心配してたが、頂いたのは

大会記念キャップ

多分近くのブースで販売してたやつ。

 

昼飯がわりに買い食いできる露店ほしかったな

くらいで不満らしい不満のない大会でした。

 

 

 

ここからは時系列

 

〈1日目〉

あっつい

この夏は猛暑で全く出歩かなかったから堪えた

 

f:id:aiga:20180825131411j:image

二階建新幹線に乗り換え

 

f:id:aiga:20180827093719j:image

前橋到着

 

f:id:aiga:20180827093837j:image

歓迎の旗あった(^ ^)

 

暑過ぎたので前橋公園散策やめて

涼しいホテルでマッタリ

 

そして夕飯へ

居酒屋だけどレストランっぽくも紹介されてたので一人でも入りやすいかと来てみたら、

f:id:aiga:20180827094407j:image

なんか敷居高そうな

 

中は

f:id:aiga:20180825183232j:image

私の知っている範囲では宴会場

場違い感半端ない(^ ^);

けど個室って周りと隔離されてていいな。

 

f:id:aiga:20180827093959j:image

30分待った鰻重御膳を

10分かからず食い終えて退散

 

 

ホテルの大浴場に入って

寝るまでの時間は

見たいテレビもないので

f:id:aiga:20180825210512p:image

これ見てたw

入っててよかったdアニメストア

 

〈2日目〉

ラソン当日

 

駅から有料シャトルバスにて

1時間弱で到着

スタート1時間前、

バス発着場に更衣室と荷物預かり所があり

スタート地点まで600m離れてたので

トイレ済ませて着替えて荷物預けてスタート地点へ

 

f:id:aiga:20180827095116j:image

途中で見えた赤城神社と赤城大沼と赤城山

駒ヶ岳かな?

走り終えたら神社の赤い橋まで

散策に行きたくなった

 

f:id:aiga:20180827100207j:image

会場着いた

標高約1300mでもバスから見えた温度表示は

28度、暑い。。20度くらいを期待してたのになぁ。

 

暑さ対策で持ってきたクールタオルを

水に濡らして首に巻いた

スタートまで居た日陰は涼しさ感じた。

 

f:id:aiga:20180827100614j:image

いつも通り

f:id:aiga:20180827100640j:image

ほぼ最後尾スタートで

後半はどんどん追い抜く予定w

 

だったんだけど

一周5kmで20km、10km、5km

の順に5分差でスタートだったので

追いつかれてから最後まで

追い抜かれる方が圧倒的に多かった(^ ^):

 

タイムも二箇所のきつい上り坂と暑さで

72分と遅かった

 

走り終えた後は

歩いて2kmほどの赤城神社付近で飯食って

散策するつもりだったが

のんびりしてるとシャトルバスの時間に

余裕なくなってて

路線バスの時間では時間空き過ぎたので

散策は諦めた。

 

なので赤城少年自然の家でランチ

500円クーポン無くしてしまい

現金払おうとしたら、

ゼッケン提示でその場で再発行してくれた

受付の女の子に感謝感謝(^ ^)

 

んでバスの時間までの代わりの散策は

f:id:aiga:20180826140356j:image

バス乗り場近くから赤城大沼を

15分ほど眺めておしまい(

日陰はやっぱ涼しかったので

もっと眺めたり

ヤマノススメのサードシーズン8話で

ひなたとここなが登ってる地蔵岳

見えるとこまで歩きたかったな

 

 

帰りのバスは満席のラスト一人で

補助席ながら正面の景色がよく見える特等席

f:id:aiga:20180827104755j:image

13時で28度

これが気温低いほうとか、

夏はいやな季節になったなぁ

 

f:id:aiga:20180827105216j:image

こんなマラソン帰宅あるある渋滞も

よく見えました

 

渋滞のせいで帰りは約75分と

行きより15分くらい余分に時間かかった

まぁ、マラソンまとめ書いてたので

気にならなかったけど(^ ^)

 

前橋まで戻ってバス降りると

標高約1300mの赤城大沼は

確かに気温低いんだ

と実感できる暑さだった

そんな訳で前橋公園散策は今日もやめ

 

 

ホテルに戻ってから参加賞と一緒に貰った

大会パンフ見ると

関東甲信越以外が遠来賞対象で18人しかいなかった

そして最遠来だった

そこまでマイナーな大会だったとは(^ ^)

 

吞みに行く前に大浴場で

ラソンの疲れを癒す。

貸切かと思ったら後から二人

16時に風呂って早すぎるでしょお二人さん(

 

そして遠征のメイン呑みへ(

今回は呑みたい度低いかなぁと思いながら

ホテルのクーポンがある店へ

 

f:id:aiga:20180826201826j:image

まずは生中

 

f:id:aiga:20180826201916j:image

ホテルクーポンの刺身と

 

f:id:aiga:20180826202437j:image

クーポンで紹介されてた品を順番に

 

f:id:aiga:20180826201958j:image

群馬県民のソウルフードらしい

焼きまんじゅう

想像に反してむっちゃ軽かった

醤油味かな?美味かった

 

f:id:aiga:20180826202320j:image

丸福ホルモン

赤城山ゆかりらしい

ホルモンのくちゃっとした食感好きだ。

と、本日お勧めの群馬地元野菜、

小松菜のおひたし

場つなぎ用ですが

おひたし系結構すき

 

f:id:aiga:20180826202808j:image

二杯目は焼酎

飲み方ロックしか知らない(

 

地酒あると書いてたのに

メニューにないなぁと壁見ると

f:id:aiga:20180826202923j:image

あった

 

f:id:aiga:20180826203045j:image

当然、赤城山

 

f:id:aiga:20180826203117j:image

上州麦豚炙り焼き

私の下では醤油味?

美味い

 

f:id:aiga:20180826203410j:image

焼酎おかわり、

じゃなくて呑み終了でお冷

 

締めは

f:id:aiga:20180826203534j:image

群馬名物おっきりこみ

 

f:id:aiga:20180826204011j:image

こういう麺料理w

食いごたえがある

 

腹一杯で5000円弱

一人居酒屋では今回は高い方で

やはり私には会社の飲み会5000円は

損の積み重ねだったと再認識

これからも会社のは行かないぞ。

 

今回、一人居酒屋の新装備として

dアニメストアでD Lして

f:id:aiga:20180827110214p:image

これの続き見ながら呑んでた

笑える場面で声は出さないが

ニヤケ顔は隠せてただろうか(

 

帰り道

f:id:aiga:20180826205149p:image

音はきこえなかったが空が頻繁に光ってた

 

f:id:aiga:20180826205259j:image

外で呑んだ時のデザート定番

コンビニのハーゲンダッツバニラ

抹茶じゃないよっ

たっかいんだけど、何故か買ってしまう

 

〈3日目〉

前橋に泊まろうキャンペーン応募用紙に

ホテルのスタンプ押して貰ってチェックアウト

家路につく

帰りは西明石ドクターイエロー

止まってたのを見たくらいで

何のネタもなく帰宅。

次は10月に島根の石見空港ラソンだ。

第66回山田記念ロードレースと秋田観光

4/28~5/1にいってきました

このレース、ボストンマラソンで当時の世界記録を出した

大館(おおだて)市出身の山田敬蔵選手を称えた大会だとか。

 

<レース結果>

10kmに出場、63分25秒

もう最近は65分切れればいいな

なのでよしよしです(^^

少し余力残ってたので

もっと力出し切るべきだった

 

<コース> 

10kmだときつく感じるアップダウンは1ヶ所だけだったかな?

1500人規模で5mほどの幅は

追いついてくるハーフトップランナー

邪魔にはなってなかったと思う。

選手の切れ目になるべく車を通そうとしているようで

選手にとってちょっと危ない。

私も割と目の前を車が通りすぎた

 

<大会全体>

会場案内が不足してる
受付場所を人の流れで察するしかなかった。
会場案内図は受付で貰った冊子のみで

現在位置が分からないので
近くにある何かで現在位置推測するしかない。

  

荷物預けは預かり番号を選手に渡す方式

私はウエストポーチ装着なので問題ないが、

何も持たずに走る人は困ったろうなぁ。

 

大館駅からの路線バスでは

会場最寄りのバス停から会場まで結構歩くので

駅からのシャトルバスが次出るとしたら欲しい

(今回は路線バスで良かった、理由は後記(^^)

 

トイレは1500人と小規模大会なので

数人ならぶ程度で問題なし

 

更衣室はテントが一つ

利用者少なく空いてたが

二畳分ほどだけ板とブルーシート引いてたが

あとはアスファルトの地面剥き出しと

更衣室環境悪し

 

ネタになると貰うの楽しみにしてた

東方区以外から来た参加者全員へのプレゼント「あきたこまち

は冊子に書いてた付近で見つけられず

総合案内所の人に案内してもらった。

てか、案内所の反対側だった。

お米受け取る時に係員しか入れない場所に

貼ってた紙を消しこんでた。

参加者にも見える場所に貼ってくれ…

あと5kgのお米をこの後の観光で持ち歩くには

重すぎるので次の観光地に向かう駅でゆうパック利用

会場に宅配欲しいな、できれば無料で(^^

 

帰りの路線バス乗り場と

駐車場までのシャトルバス乗り場が

同じ場所で、シャトルバス係の人が

シャトルバスに隠れた路線バス亭で

待ってる私達を路線バス運転手が

見落とさないように道路見張って

路線バスに合図して止めてくれたのは

好印象だった。

 

運営の悪さが目立った大会だったかな(^^;

 

 

 

ここから待ち時間、移動時間 で

都度書いてた内容です

 

<4月28日>

時間あったので

リニューアルした伊丹空港

さらっと見て回ると

f:id:aiga:20180428180546j:image

よしもとお笑いライブやってたw

 

f:id:aiga:20180428180740j:image

終了後の全員集合

f:id:aiga:20180428180819j:image

この人達

 

秋田到着

f:id:aiga:20180428181009j:image

秋田と分かる一枚目w

 

秋田駅に向かうバスの中から

f:id:aiga:20180428181734j:image

秋田の夕日

なかなかきれい

 

秋田駅で駅弁買って

車内で食うつもりだったが

3両の普通車は向い合わせの長椅子しかなく

食いにくかったので

大館のホテルまで持ち込み

 

大館駅に着いて

明日の朝飯を駅のニューデイズ(コンビニ?)

で買う予定だったが19時閉店だったorz

 

検索したらホテルの割と近くに

開いてるコンビニあったので、そこで購入

晩飯が駅弁だけでは足りないと思い

ビール含めて買い足してホテルへ

(だから前日に飲むな)

そして。。。食い過ぎだったようで

少し吐いた(何やってんだorz)

 

さらに朝飯買い忘れてた←

 

<4月29日>

朝、再び駅前のニューデイズに行くと

朝6時50分からでまた開いてなかった

 

ラソン会場最寄りバス停から

まあまあ近くに開いてるコンビニあって

朝飯食えた(^^

 

f:id:aiga:20180429113021j:image

会場着いて

f:id:aiga:20180429113042j:image

ざっと散策すると

 

f:id:aiga:20180429113126j:image

今話題の秋田犬

でかいよ。

 

f:id:aiga:20180429113113j:image

この子を触らせてもらった

ふさふさー

 

f:id:aiga:20180429113252j:image

桜まだ咲いてた

 

f:id:aiga:20180429113321j:image

開会式見て

 

f:id:aiga:20180429113354j:image

いつも通りほぼ最後尾からスタート

 

沿道の応援に手を振りながら

思ったよりも早くからペース上がってゴール

あとちょっとならペースまだ上がれてたかな?

というくらいの余力残ってた

 

トラックがスタートとゴールだと

陸上選手になった気分w

ゴールのトラック一周が

結構しんどかったが(^ ^);

 

 

f:id:aiga:20180429113825j:image

参加者無料配布の

秋田名物きりたんぽ

初めて食ったがモチモチで美味かった

後で聞いたが、これはおやつで

きりたんぽはナベが主食だそうだ

 

そして

探しても場所が分からず

お米引き換え券も送られてきてなかったので

東京マラソン抽選会と同じく

ハーフの人だけかなと

総合案内の人に聞くと

案内と取次もしてくれて

f:id:aiga:20180429114010j:image

東北以外の参加者全員貰える

遠来賞頂きました(^ ^)

5kgと以降の観光に持ち歩くには

重いので宅配探して

大館駅ゆうパックで送った

(男鹿(おが)の旅館で頼んで

 その時の話のネタにしたいなと

 ゆうパック迷ったのは内緒←

 

男鹿までの列車がやっぱり

向い合わせで、昼は追分(おいわけ)駅乗り換え待ちの

15分で朝のコンビニおにぎりくった

もっとノンビリゆったりな観光したい

 

 

f:id:aiga:20180429183936j:image

男鹿に到着

 

f:id:aiga:20180429184028j:image

ボタン押すとなまはげが歓迎してくれるw

 

予約してたなまはげシャトル

f:id:aiga:20180429184137j:image

真山(しんざん)のなまはげ館へ

 

f:id:aiga:20180429184207j:image

職人がなまはげの衣装を作成していた

 

f:id:aiga:20180429184321j:image

石川千秋さん

買おうか迷って、後出来たらもう店じまいしてた(

 

f:id:aiga:20180429184544j:image

なまはげずらりは圧感だった

 

f:id:aiga:20180429184723j:image

決まった型のないらしいナマハゲ

なまはげ館のある真山は

ツノがない本家(?)

観光化とともに鬼になったと

wikiに書いてたような

 

f:id:aiga:20180429185206j:image

伝承館でまなはげ体験

人少なかったら入り辛いなと

計画時は思ってたが

いらん心配、満員立ち見だった

立ち見の方が写真撮りやすく

結果オーライ

 

f:id:aiga:20180429185559j:image

激しく戸を叩いてなまはげ登場

間近に迫られて泣きだす子供が

数人いて本物見れてる気がした(^^

 

f:id:aiga:20180429190000j:image

なまはげの攻めに

謝りながらも嫁孫かばう主人

こういうやりとりあるのかぁ

 

f:id:aiga:20180429190334j:image

家事せずカラオケに明け暮れている

という嫁を問い詰めるために

観客の中から探し出そうとする

なまはげ、楽しませてくれるなぁw

 

f:id:aiga:20180429190613j:image

主人の酒等のおもてなし

と言う名のごまかしに

引っかかるものかと

食い下がるも

最後は納得して(させられて

去っていくなまはげで幕

 

f:id:aiga:20180429190950j:image

締めの挨拶に再登場した女性

オチがしっかりしてましたw

ぜひ実際に体験してみてください

 

所々笑いが上がる、私も笑った

楽しい場所だった(^ ^)

 

もう一箇所の観光地

真山神社

f:id:aiga:20180429191340j:image

と思ったが、本殿まで2.3km

しかも山道

残り時間では無理と

一番近い五社殿で折り返すことにして出発

 

f:id:aiga:20180429191945j:image

神社拝殿でお参りして

 

f:id:aiga:20180429192155j:image

左が約10年前作成

右が約300年前作成

昔の技術凄い

 

f:id:aiga:20180429192425j:image

300mはすぐだろうと思ったが

この道で息上がった(^ ^);

 

f:id:aiga:20180429192603j:image

五社殿でお参りして折り返し

 

f:id:aiga:20180429192711j:image

この先に登っていく人もみかけた

 

f:id:aiga:20180429192800j:image

なまはげシャトル乗り場で待ってると

桜が咲いているのに気づいた

 

今夜の宿に着いて

温泉に入って

f:id:aiga:20180429192932j:image

飯〜

部屋食だった

今回は酒も料理も美味しくいただけた

 

f:id:aiga:20180429193307j:image

しょっつる鍋が吹きこぼれて

火力が凄いことにw

 

f:id:aiga:20180429193201j:image

これ勧められて

いく気になってなかったら

もっと呑んでたなw

 

昨日多かったとのことで

開場時間に合わせていったら

最前列付近の床に座る場所と

後列の椅子席真ん中列は

既にうまってた

開演する頃にはほぼ満席で

150〜200人くらいいた

 

f:id:aiga:20180429212758j:image

開演

 

f:id:aiga:20180429212829j:image

すぐになまはげ登場

 

f:id:aiga:20180429212916j:image

お腹に響く太鼓の音が心地よい

 

f:id:aiga:20180429213038j:image

時折降りてきて

子供を探しては泣かすと

会場が笑いに包まれる

子供はそれどころじゃないと思うがw

 

f:id:aiga:20180429213356j:image

会場中から手拍子で盛り上がる

ちょっとだけゆかりんライブ思い出した(^ ^)

 

f:id:aiga:20180429214448j:image

曲の合間のジャンケン大会の

優勝者に賞品授与

撮り損ねたが

小躍りしながら席に戻る

ノリノリの人だったw

 

 

f:id:aiga:20180429213645j:image

ソロパートも順番にあり

もう一回コール

(をしてと壇上から進行役が

    客席に向かってリクエストがあり

    それに答えるw

当のソロやり終えた人は

かなり疲れるのか

パフォーマンスか

嫌がってたw

 

f:id:aiga:20180429214249j:image

会場の子供のソロパートもあったw

いいサービスしてるな(^ ^)

 

f:id:aiga:20180429214401j:image

30分程のミニライブだったが

楽しかったな(^ ^)

余韻で旅館のたっかい酒とツマミを

かってしまうほどにw

 

翌朝、時間過ぎても朝食来ないので

フロントに電話すると

「すみません、大広間で用意しています」

説明なかったよな?

納豆残して美味しく頂きました

 

食事場所以外にも

・トイレのドアが便座に当たる

(無理やり改造したんだろうなぁw)

カメムシ大量発生の警告が

 部屋の案内冊子に挟み込まれてたが

 直接説明はなかった

 (富山の五箇山行った時は説明あった)

二匹駆除、一匹顔洗ってたら流れていったw

一匹放置、朝食のお膳にも一匹上がってきた;;

チェックアウト直前、手洗おうと蛇口ひねると

手にカメムシ

匂いがぁぁ

壁に止まって時折羽音くらいは放置できるが

匂いだけは避けたかった(^ ^) ;

と、良かった点より、悪かった点が

上回ったかなぁ

 

<4月30日>

今日の観光地

男鹿水族館GAOまで

予約してたなまはげシャトルで移動。

時間に追われそうな遊覧船はやめて

戸賀湾展望公園でのんびりすることにした。

 

f:id:aiga:20180430091502j:image

展望台から見た

灯台のある島、宮島

なんだけど、電線ジャマッ

 

f:id:aiga:20180430091715j:image

反対側は綺麗

 

ちなみに、公園という名称だが

f:id:aiga:20180430092226j:image

展望台とこの写真撮った時座ってた

木のベンチ以外は駐車場だった(^ ^)

 

こうしてのんびり景色眺めてると

ゆるキャン思い出したw

 

f:id:aiga:20180430094132j:image

公園の看板あったっ

公園なのか、本当に

 

f:id:aiga:20180430094548j:image

電線にジャマされない宮島

 

日差し強く、ここも冬ジャージは暑いかと思ったが

風もそこそこ強くて心地よかった

 

座ってばかりじゃ今夜の食事美味しくないかなと

f:id:aiga:20180430103152j:image

海岸の岩場歩けたので行ってみた

 

f:id:aiga:20180430103251j:image

ここまで〜

一面海までは辿り着けず

足場悪くてこけたらみっともないし、

この後の観光台無しになるので

かなり慎重に歩いた 。

この姿も恐る恐る過ぎてみっともなかったりして(

 

戻ってると

f:id:aiga:20180430103809j:image

釣り人発見

 

f:id:aiga:20180430104302j:image

来る前は乗ろうとしてた

遊覧船ってこれかな?  

漁船に見える

 

f:id:aiga:20180430104710j:image

別方向からの宮島

f:id:aiga:20180430104741j:image

アップ

 

f:id:aiga:20180430104801j:image

名を知らぬ島

 

戻って来たら

f:id:aiga:20180430105631j:image

遊覧船乗り場閉まってた

あれやっぱ漁船か

そして、予定変更してよかった

 

f:id:aiga:20180430110615j:image

あれ、溶岩だったのか

 

f:id:aiga:20180430111019j:image

強風にたなびく鯉のぼり

 

のんびり過ごして

男鹿を後にし

今夜の宿、秋ノ宮山荘へ

5時間弱かけて移動。

 

ほんと移動時間の方が長いチョイスになったな

JR東日本のモデルコース参考にしたから、

さもありなん(^^

 

宿に到着してWi -Fi確認したが

一覧には一つも出てこなかった。。。

 

夕飯前に露天風呂に入ってると

柵の向こうから女性の声

アニメで定番シチュを体験できるとはw

 

風呂上がり、牛乳が無かったので

飲むアイスで代用

結構美味しかったが

後でまた売店見ると

ラムネが売ってた

こっちの方がよかったかも(^ ^)

 

f:id:aiga:20180430174610j:image

部屋の窓からの景色

 

 

f:id:aiga:20180430174652j:image

カラス?

 

送迎車の中から見た感じ

観光者散策用の場所見当たらず

民家もあったので

外には出なかった。

部屋の冊子見ても

車で10分とかばっかで

男鹿でも思ったが

車で来るべき場所だなぁ

 

男鹿みたいに安めの乗合タクシーあれば、

滝の見れる場所行ってみたかった

 

今日は昨日ほど動いてないので

また、満腹で食い切れないのかなぁ

と挑んだ夕飯

f:id:aiga:20180430192524j:image

そんなに多く感じず

 

f:id:aiga:20180430192600j:image

これだけを

 

f:id:aiga:20180430192732j:image

鉄板の温まり具合は

嫌いな玉ねぎに任せて(

 

f:id:aiga:20180430192644j:image

昨日と同じく

 

f:id:aiga:20180430192748j:image

f:id:aiga:20180430193147j:image

地元産の

ビール、焼酎ロックで米蔵を含めて

30分で飲み食い終わっちゃいそうだったので

焼肉はじっくりとやってたら

 

f:id:aiga:20180430193600j:image

肉3切れ中2切れ残して

火が消えた(^ ^);

 

f:id:aiga:20180430193724j:image

追加の火をもらって

焼酎太陽の花を追加したが

最後の一枚が焼ける前にまた消えた(^ ^);

普通より小さな火種だったからな

 

f:id:aiga:20180430193953j:image

ごはんと共にまた火を頼んで

 

f:id:aiga:20180430194116j:image

焼けたのかまだ赤いのか

よく分からなくなってたけど←

食べたらしっかり焼けてた(と思う

 

f:id:aiga:20180430194235j:image

デザート頂いて

部屋に戻ると

 

f:id:aiga:20180430194408j:image

売店が19時までだったので

昨日の事もあって買ってた柿ピーと

 

f:id:aiga:20180430194316j:image

氷結が待っていた

(これは部屋に戻るときに

    自販機で買ったんだけどw)

 

これ書き終わった時点でまだ20時前

追加で飲むしかないでしょう←

 

呑めなかった前回の福島県

前々回の青森との違いは

疲れ具合かなぁ?

何にしても今回は旅館の2日とも

美味しくいただけてよかった(^ ^)

 

部屋で呑みながら

f:id:aiga:20180430204217j:image

さんまの番組見てたが

相手知らなくても、

さんまのトークだけで面白かったw

 

呑み続きながら偶然

ツイッターDM経由で

二人になったネット身内掲示板いったら

5年ぶりって書き込みあった

来年正月からは3人だw

 

最後の締め用に買ってたアイス

f:id:aiga:20180430212809j:image

昨日泊まった男鹿市産は何の偶然(^ ^)

 

<5月1日>

チェックアウト時に

「ここ知ったのは何で?

 あなたの市のホテルに

 パンフ置いてるんですよ」

とのことで偶然に驚いたが

調べてみると曖昧に記憶してたホテル名が

違う県にあった←

 

駅まで送ってくれた車の中で

他愛もない話の中に

さり気なく、

秋の紅葉や6月のお祭りを混ぜて

再訪を促されてる気がしたw

のんびり散策はよさげだけど

行ってない県行くのが優先だ(^^

 

f:id:aiga:20180501103929j:image

途中こまちに乗り換えて

田沢湖駅に着いて

田沢湖の公園で食う予定だった駅弁どころか

キヨスクに弁当一つもなく

観光案内の人に聞いても

他に弁当売っている場所もないそうで

仕方ないパンにするかと

キヨスクに戻ると弁当並んでた(^ ^)

目的の駅弁無かったのは残念だが

これで外で食える

 

f:id:aiga:20180501103845j:image

バス待ち場所からの田沢湖駅

 

f:id:aiga:20180501122703j:image

たつこ像

 

f:id:aiga:20180501122850j:image

船が来た

 

時間あるからと

たつこ像にしばらくとどまって

かえりの船乗り場確認してから

目的地へ行こうと

船乗り場探すがない。。探すがない

結局電話して確認

残り90分程になってしまったので

 

f:id:aiga:20180501151318j:image

少し急いで入り口に行くと

 

f:id:aiga:20180501151455j:image  封鎖されてるΣ

 

仕方ないので遠回りの車道を進む

時間焦りだして軽く走り出す

走れる格好での観光はこういう時の為←

 

 

f:id:aiga:20180501123653j:image

雪だ

 

f:id:aiga:20180501123835j:image

1kmほど走って入り口みえた。

ん?

封鎖されてた入口看板

そういや、「かたまえ」じゃなかったな

ということは

間違った入口から行こうとしてた(汗)

 

ここまで珍しいことに

大きな道間違いはなかったが

盛大に迷うとこだった

封鎖してくれててありがとう(^ ^)

 

そして、ここからは坂が急過ぎて

歩きだしたが

f:id:aiga:20180501152245j:image

それでも息切れる坂道だった

 

最後の方に勾配15度の看板あったが

しんどくて撮るの忘れてた

 

f:id:aiga:20180501152631j:image

着いた〜

 

呼吸落ち着くのを待って

f:id:aiga:20180501152805j:image

この景色を見ながら

f:id:aiga:20180501152853j:image

お弁当頂きます

 

食ってる最中

男女カップル(夫婦?)がやって来た。

景色のいい場所で二人きりになれず残念賞(

 

その後も、オッサンペア、

犬連れた若い夫婦?がやって来た。

キャンプメインの場所っぽいけど

それなりに人くるんだな。

 

予定の半分も

のんびりできなかったが

f:id:aiga:20180501153703j:image

それでも30分くらいは

 

f:id:aiga:20180501154155j:image

綺麗な田沢湖眺めてた

 

帰りは急な下り

息は上がらないが

ブレーキかける足には

それなりにひびく(^ ^);

 

f:id:aiga:20180501154800j:image

余裕持って船乗り場到着

後から親子三人がきて

ここから乗るのは四人

 

朝、バスで着いた時にやってきた船は

満員に見えて

f:id:aiga:20180501155046j:image

やってきた船が後三人しか乗れない

なんて言われて

親子に譲る

という妄想してた←

 

f:id:aiga:20180501155540j:image

でもガラガラで余裕で乗れた

 

f:id:aiga:20180501155727j:image

船のスピード結構速く

藍色と言われる湖面と

飛沫の白が綺麗だった

 

f:id:aiga:20180501160157j:image

写真では気に入ったのが撮れてないが

ほんと綺麗な色だった。

 

f:id:aiga:20180501162204j:image

ん〜これもこの目で見たほど

綺麗に写ってない

 

f:id:aiga:20180501162554j:image

湖畔に着いて

バスまで1時間あるので

予定通り散策

 

f:id:aiga:20180501162710j:image

散った桜の木々を越え

 

f:id:aiga:20180501162905j:image

海岸のような湖畔を眺めながら

 

f:id:aiga:20180501163007j:image

目的地到着

 

f:id:aiga:20180501163042j:image

まあまあでかいが

圧倒感はなし

という、青森の松と同じ感想(^ ^)

(1枚目の看板読めないかも?

 蓬莱の松という名です)

 

戻ってまだ時間あるので

秋田犬が見れる場所あったので

100円払って入ってみた

餌代大変だそうな(^ ^)

 

f:id:aiga:20180501163416j:image

人間だと80歳くらいらしい老犬

寝てたが無音カメラで撮影してたら起きた

気配が去らないので起きてくれたか?w

大館の時みたいにさわれないのは残念

 

f:id:aiga:20180501164028j:image

こっちは生後半年の子犬

でも寝てた(笑)

 

f:id:aiga:20180501164407j:image

種の保存ファイトです

子供の頃飼ってた犬

秋田犬との雑種だったかな?

というくらいありふれた種だと思ってた

 

ちなみに、「あきたけん」ではなく

「あきたいぬ」だと最近知った

 

鶏も数種類いて目をひいたのは

f:id:aiga:20180501164914j:image

これ

 

f:id:aiga:20180501165049j:image

綺麗でなんかカッコよかった

網が写らないように

正面の網にカメラくっつけたかったが

突かれそうなくらい動いてたのでヤメ

直後網目にクチバシ突っ込んできた(^ ^)

 

ちなみに初日に秋田駅で買った

比内地鶏の鶏めし弁当て

この鳥だよな?

ご馳走さまでした(^ ^)

 

 

あと少しの待ち時間で

みそたんぽ食った

小腹すいてるときにいいなこれ

 

 

f:id:aiga:20180501165552j:image

こまちで秋田駅

「こまち」という名は

今でも特別に感じるなぁw

 

f:id:aiga:20180501173347j:image

空港着いて、土産買って

案の定膨れて持ち込めそうにない

リュックを預けて

後は出発待ち

 

と思ったが検査場通って中の

売店兼レストランが目について

腹減ってきて

比内地鶏だしのラーメン食った。

鳥のだしってチキンラーメン以外

食ったことなかったけ?

ってくらい新鮮で美味かった

 

そしてこれで伊丹着いてからの飯は

パスして一本早いバスで帰れる(^ ^)

 

f:id:aiga:20180501194659j:plain

 夜のフライト多分初めてで

多分大阪の夜景、結構きれいだった

 

伊丹空港着いて

手荷物受け取りは

やっぱ時間ロスだなと

思いながら受け取り

f:id:aiga:20180501202250j:image

豚まん買って

時間ないなとバス停前で立ち食い

そして10分以上バスを待つ(あれ?

 

帰りのバス

パトカーが何か文字表示しながら

走ってて事件? 犯人追跡中!?

協力依頼の表示か!

と目を凝らしてると

 

f:id:aiga:20180501212152j:image

安全運転の呼び掛けだった(

よく考えなくても

パトカーで尾行が出来るか!

 

以上、秋田観光と山田記念ロードレースでした。

(写真ボケてるの多いなぁ(汗))

いわきサンシャインマラソン

2月10日から2泊3日で福島県

いわきサンシャインマラソンに行ってきました

f:id:aiga:20180212171619j:image

 

<マラソン結果>

理想目標の5時間は切れなかったが

練習状態から予測した時間ではゴールできました。

30km手前まではちょっと上がり過ぎたペースを

7分に戻すほど5時間切れそうなペース。

でもそこから何度か足が攣りそうになり

歩かず完走優先でペース落とした。

32km走もやって5時間15分くらいではいけそう

で挑んだが、練習よりほんの少し自然と

ペース上がったら練習距離も持たないとは orz

それでも、給水とトイレと足攣りそうになって

ストレッチ以外はキツイ登りも止まらず歩かず

完走できて達成感はあった(^ ^)

これで3大会連続だいたい完全完走!

 

<コースについて>

最後尾のFブロックほぼ先頭にならんで

自分のペースで走り出せるまで約6分。

7千人クラスでスタートのコース幅が

広くなさそうなので10分かかるかも、

10分以内なら練習と同じく8分弱で

ゆ〜っくり入れる、

15分かかったら無理して7分切るペースで

入るしかないと、

実は今回大会の一番不安事項が

第一関門8kmでの足切りか、

クリアしても後半への影響だったので

いい方向に予想外れて助かった。

 

覚悟してた22km辺りから1km足らずで

40mほどの登りは鬼でした。

周り殆ど歩いてた。

歩かない事も目標にしてたので

気持ちは走ってるつもりで、

ゼーゼー息切らして登り切った。

9分くらいかかったと思ったが

8分4秒だったのは上出来(^ ^)

直後のキツイ下りの方がやっぱり足にはきた。

他にもいくつかのぼりがあって

確か終盤にもあったよなと覚悟してたが

これで終わり?程度だった。

 

給水は約5kmごと、でもスポーツドリンクは

10kmごとで水で大丈夫かなと

少し不安だったが全然問題なかった

 

沿道応援はいくつかのポイントに

固まって人がいて

合奏、鳴り物、歌まであって力もらった

一番テンション上がるのはやっぱり

ずらりと差し出された手と連続ハイタッチ!

それと第一折り返しの大漁旗ズラリ!は印象に残った。

 

<大会運営について>

着替え兼待機場所は広い体育館で

7時15分頃着で場所取り困らず。

トイレも男性用更衣室である体育館の

女子トイレも男性用に解放されてて

待ち時間10分程度でスムーズ。

荷物預けはスタート1時間前だと待ちなし。

受け取りも待ちなし、まぁこれは制限時間の

40分前で大多数が受け取り済ってのが

大きいでしょうが(^ ^);

と、特に不満を感じなかった大会運営でした。

 

<その他>

スタート前最後に水飲んでからスタートして

最初の給水所まで1時間以上経過

30分とかもっと短い間隔で

水飲む癖がついてる私にとって

これは失敗だった。

 今回からエネルギージェルに加えて

アミノショットで筋力も長持ちさせようと

導入したが、足攣りかけたし効果なし?

それとも寝不足であの程度で済んだのは効果あり?

よくわからんかった(^^;

 

 

 

ここからはリアルタイムメモと

写真から思い出しの時系列記 

 

出発前夜の 金曜夜から寝つきにくいほど

喉がイガイガしてた。

そんな体調イマイチの中の出発

 

f:id:aiga:20180210123045j:image

雲かぶった富士山

 

f:id:aiga:20180210123311j:image

f:id:aiga:20180210123344j:image

品川で乗り換え

 

f:id:aiga:20180210161110j:image

到着

 

f:id:aiga:20180210161131j:image

駅からすでにマラソンムード

 

テルチックイン後

周辺散策の予定だったが

喉イガイガしてたので

ホテルで大人しくする事にした

 

夕飯を食べに出て

先に薬局探して喉のイガイガに効く薬を

リクエストし、風邪薬とトローチ買った

 

目的のキジ肉食べれる店に行ったら

店員「すみません、今日は持ち帰りだけなんです」

仕方ないので第二候補のウナギ料理店で

f:id:aiga:20180210183300j:image

玉子焼き

 

f:id:aiga:20180210183642j:image 

えんがわ

 

f:id:aiga:20180210185426j:image

うな重

を頂きました

 

5時半に起きるために22時半に寝ることにした。

喉の痛さはさほど感じなくなってた

が、寝付けなかった

冷蔵庫の音とか気になる神経質モード

まとまって寝れたのは

1時から4時くらい

あとは眠りかけて起きての繰り返し。

寝る前にTVで見た入眠促進には

キムチを毎日小皿一杯を試してみたくなった

 

大会当日

風邪気味かもに寝不足も加わって、

これはダメかも。。とローテンションで会場へ

f:id:aiga:20180211154356j:image

スタート地点と

f:id:aiga:20180211154448j:image

私が並ぶ最後尾グループ

私も着て走ったがこの大会の参加証Tシャツ

着てる人結構いた

 

f:id:aiga:20180211154713j:image

スタートの号砲鳴って

いよいよ42.195kmの長旅の始まり

スタート地点には

地元ということで元富士通陸上部

てか箱根の山の神の方で有名な

柏原竜二さんがハイタッチで見送り

私もしてもらったw

 

号砲鳴ってから走り出せるまで6分と

最悪予想の半分以下ですんで

練習と同じくゆっっくり入っても

第一関門の制限時間間に合う事になり一安心

 

でもなんか感覚おかしい

沿道の応援見る気がしない

周りの声聞きたくない

喉がもう乾いてる

。。起きた時ちょっとおでこ暖かいかも

と思ってたが、喉の痛み引いて熱が出てくる

風邪悪化のパターンが脳裏よぎった

 

8kmの坂登って、汗かいてるなと

試しに防寒対策のレインジャケット脱ぐと

だいぶ涼しく気持ちよく感じた

耳を覆うヘッドバンドと手袋も外すと

いつもの感じが戻ってきた。

暖かくし過ぎてたようだ(^ ^);

 

8kmまでのゲスト参加してた、

プロ野球巨人の鈴木尚広さんに追いついたり

追い抜かれたりとずっと近く走ってて

ファンらしき人達は近寄って写真撮ったりとはしゃいでた。

が、私はよく知らなかったのと

厚着のせいで体調悪くなってたのとで

近づかずに見てただけ(^^

 

8km関門地点では最後はスパートしたようで

グングン先に行った鈴木尚広さんと

柏原竜二さんにお出迎えされてハイタッチ!

 

調子取り戻してからは

制限時間の心配もないしと

f:id:aiga:20180211155159j:image

港に船がずらり

と走りながらの写真撮影開始w

 

 f:id:aiga:20180211180825j:image

でっかい

 

f:id:aiga:20180211161509j:image

地元っぽい人達が太鼓で応援してくれる

こういうのは走りながらだと間に合わないので

止まって撮るw

 

30kmあたりで足が攣りそうになり止まってストレッチ。。

この辺りから風が強くなってきて手が冷えだしたので

手袋再び装着。

レインジャケット捨てたの失敗だったかと思ったが

そこまで冷えなかった。

 

f:id:aiga:20180211180549j:image

路上のゴミを拾いながら走ってるランナーが!?

重さそこそこありそうなのに凄い

 

f:id:aiga:20180211180603j:image

歌で応援してくれる人

地元シンガーかな?

世界陸上とかのテーマソングみたいな

メロディでいい感じだった

でもなんでそんな見えにくい奥で歌ってたんだろう(^ ^)

(歌ってたのは手前二人の間の奥にいる女性です)

 

 

f:id:aiga:20180211180623j:image 

ゴール!

5時間は切れなかったが

これでフルマラソン三回連続

給水とトイレと足攣りそうになってストレッチ以外は

止まらず歩かず完走だ。

足攣りそうになってから少しペース落として

完全イーブンペースとはいかなかったのが

少し悔やまれる。

 

 

f:id:aiga:20180211180636j:image

更衣室テントでストレッチしている間に

最終ランナーのアナウンスもあり

テント出るともう後片付け中だった

 

f:id:aiga:20180211180647j:image

最後にフィニッシュ地点

ありがとう、いわきサンシャインマラソン

 

 フラガール大漁旗がズラーっと並んで壮観な眺めとか

撮っとけばよかったと後悔する風景もあったなぁ(^ ^)

 

東京マラソンのように

沿道応援が途切れないとはいかないが

限られた応援ゾーンだからこそテンション上がった

 

沿道応援に「ありがとー!」と手を振ると

さらに力の入った応援をしてくれて

テンションとペースが上がったり

やっぱりマラソンはいいぞ(^ ^)

 

2日目の宿

湯本の雨情の宿 新つたへ

 

ろくにサイト見ずに全く知らなかったが

野口雨情っていう「しゃぼん玉」「赤い靴」

「七つの子」「兔のダンス」

など、子供のころ聞いたことのある童謡の

作詞者ゆかりの宿で小さな展示場もあった。

 

宿が見えてくると入口近くの外に二人立っていて

すれ違うと軽く会釈されただけだったので

だれかVIPでも待っているんだろうか?

と、ドアくぐると

中居さん達がズラリと並んでいて

「いらっしゃいませ」

のお出迎えにちょっとビビった(^ ^)

部屋に案内してくれた中居さんに

「誰かお偉いさんでも来るんですか?」

と聞いたが

「お出迎え(^ ^)」

と返されただけで

どの客に対してもやってる事です

なのか

それ以上聞かないで

だったのか、分からなかった

 

まずは大浴場と露天風呂で疲れを癒した

露天風呂は風が冷たくて肩まで浸かってないと

風邪ひどくなりそうだったので

殆ど中の大浴場でにいた

混浴露天風呂もあったがパスした(^ ^)

 

そしてお楽しみの旅館食

f:id:aiga:20180211195320j:image

ます生ビールと前菜

  f:id:aiga:20180212124450j:image

本日のお品書き

 

f:id:aiga:20180211195356j:image

いわき市名産らしい目光の天婦羅

前菜置いといて温かいうちに頂いた

 

 

f:id:aiga:20180211195412j:image

鮟鱇鍋

これも、いわきオススメ料理らしい

 

撮り忘れたけど

この辺で熱燗1合注文

実はお酒これで終わりかな

ってくらい呑む気少なかった。

青森行った時に続いてまただよ。。

 

f:id:aiga:20180211195425j:image

牛ステーキ

焼きたて熱々を想像してたが

ちょっとだけ暖かいものだった

腹もこの辺でほぼ満腹

 

f:id:aiga:20180211195442j:image

土瓶蒸し

を食った後←

「蓋がお猪口になってるから」

の中居さんの説明の意味分かっておらず

中の蛤を食べただけだった←

 

f:id:aiga:20180211195453j:image

魚の煮付けとご飯とカニの味噌汁

「もうお腹いっぱい」と言うと

中居さん「ゆっくり食べてください」

と返答

残してもいいですよ

の返答ならここで食うのやめてたと思うが

食わなきゃと思って食事続行

もう美味しさは無かった。。。

 

ギブアップ気味にボソボソ食べてると

隣の人が「あー」と言いながら倒れた

何事かと少し離れた席の人と顔見合わせてから

「酔いつぶれた?」と聞いたら

「マラソン疲れ、マッサージしてもらったけど」

満腹で苦しんでいる私以上に

無理して食ってたようだ(^ ^);

 

f:id:aiga:20180211195506j:image

結局それぞれ半分くらい食べてギブアップ

デザートは頂いて食事処退散

この後1時間程満腹の苦しさに耐えていた

 

苦しさ治ると眠気がきて22時ごろに就寝

 土曜もこれくらい早く寝付けていれば

もしかしたら足が攣りそうになる事もなかったかも?

 

f:id:aiga:20180212101840j:image

朝飯

を殆ど食い終わった後←

普段の朝飯はご飯一口程度だけど

起きてから1時間後なら

この量でもご飯お代わりもできるくらい食える

 

 鼻水ズルズルとやっぱり風邪気味だったので

筋肉痛押して塩屋埼灯台登頂ネタは中止(^ ^);

代わりに、いわきマリンタワー

エレベーターで登ろうと

のんびり部屋で出発の支度をして

湯本駅に着いてから泉駅からのバスの時間調べると

バス出たばかりで次が1時間後の目的地着が11時。。。

これはじっくり見れないと諦めて別の場所を。

で土曜にやろうと思ってた、いわき駅周辺散策

にしようと時刻表みると次は40分後

電車も1時間に一本しかなかった。。。

 

ということで

f:id:aiga:20180212101907j:image

湯本駅から徒歩1分の

 

f:id:aiga:20180212140122j:image

足湯もできる温泉モニュメント

 

f:id:aiga:20180212101922j:image

徒歩3分で行けるらしい御幸山公園

 

f:id:aiga:20180212101941j:image

を階段下から眺めて

 

f:id:aiga:20180212101955j:image

 福島観光終了!(ぉぃ

 

いわき市が電車やバスが1時間に一本の

うちの地元以上の田舎って認識なかったよ

田舎で公共交通機関使った

短時間行き当たりばったり観光は

無理ゲーでした(^ ^);

 

いわき駅へ移動し

f:id:aiga:20180212115202j:image

いわき駅近くの蕎麦屋で早めの昼食

 

予定してた特急だと東京駅乗り換え8分で

余裕がなかったので

塩屋埼灯台諦めた時に決めた

予定より一本(1時間)早くした帰りの特急 が

強風の為日立辺りからしばらくは徐行運転

勝田に着く頃には速度戻ってたが8分遅れ

。。。元々予定してたこの後の特急で

こうなってたら新幹線の発車遅らせてくれてたんだろうか?

 

途中駅構内吉野家で夕飯のはずが

待ち人いる満席で乗り継ぎ間に合いそうに

なかったのであきらめて、

地元ついてから前から気になってた店へ。

予想してた好きなおかず好きなだけ取って

食べる形式の店だった。

自分で夕飯調達時の選択肢一つ増えた。

 

そして帰宅して

このブログまとめて

いわきマラソン終了!

 

家着いた時にはバリバリの鼻声だった(汗)

ラソン中は持ってくれてよかったよ。 

沼津かのがわハーフマラソン2017

 

沼津かのがわハーフマラソンに行ってきました。

結果は

f:id:aiga:20171022133143p:plain

台風21号の影響で前日に中止が決定。。。

新幹線が止まる前にと1日繰り上げて帰宅しました 

 

ここから撮った写真をだいたい時系列に並べる

 

沼津に着いてまずは昼飯

f:id:aiga:20171022065903j:image 

千楽 北口店でカツハヤシ

カツが少し肉汁が出るほどのジューシーさ。

量多目と口コミにあった気がしたが

私には多過ぎで最後は無理やり詰め込んだ感(^ ^) ;

 

食い終わって本日の目的地は

雨の為、香貫山ハイキングから

沼津港深海水族館に変更

 

バス停に向かうと

f:id:aiga:20171022071026j:image

ラブライブサンシャインカフェがあった

さすが沼津w

 

水族館に着くと

f:id:aiga:20171022071308j:image

驚きの入場列形成

 

f:id:aiga:20171022071529j:image

中も行列で前の人に続いて進むよう

しきりにアナウンスがあり

自分のペースで見ることかなわず

 

f:id:aiga:20171022072020j:image

何処にいるのか少し探した

f:id:aiga:20171022072119j:image

こういうのとか

 

f:id:aiga:20171021151543j:plain

名前はよく知っているけど

f:id:aiga:20171021151550j:plain

初めてみた

 

f:id:aiga:20171021150629j:plain

シーラカンス

 

f:id:aiga:20171021150559j:plain

でかい

  

水族館を出てもう一箇所

大型展望水門「びゅうお」へ

f:id:aiga:20171021153541j:plain

天気が良ければ富士山が見えるそうです

天気が良ければね(- -)

 

f:id:aiga:20171021153607j:plain

出航する漁船?に着いて行く海鳥たち

なんか和んだ

 

f:id:aiga:20171021155159j:plain

天気良ければ走った後に乗る予定だった

遊覧船乗り場

 

テルチェックインしてマラソン大会ホームぺージ見ると

中止の案内が。。。16時にメールも来てた

 

ならば予定変更、今日呑んで明日帰る!

その段取りして

飲み屋も事前に決めた場所やめて

ホテルでサービス券もらったすぐ近くにした

f:id:aiga:20171022082631j:image サービス券から刺身を選択 

 

f:id:aiga:20171022080033j:image

本日のおすすめから

 f:id:aiga:20171022081743j:image

マグロの竜田揚げ

甘うまい

 

 

f:id:aiga:20171022081813j:image

沼津産の日本酒、白隠正宗

 

f:id:aiga:20171022082230j:image

沼津の名産らしいアジの干物

 

f:id:aiga:20171022082341j:image

イカ軟骨

やたら時間かかって「忘れられてる?」

と聞いてしまった一品

コリコリうまうま

 

f:id:aiga:20171022082601j:image

マグロ餃子

正直、イマイチ(^ ^);

普通の餃子の方が好みです

 

f:id:aiga:20171022082944j:image

結構腹一杯で迷ったけど

締めに鉄火巻

 

f:id:aiga:20171022083125j:image

お茶を頂き退店

五千円足らずで居酒屋安いと思う旅行金銭感覚

 

帰りは新幹線、それ以上にローカル線が止まる心配あったので

三島に止まる「ひかり」は諦めて

早い時間のこだまを選択し 

乗り継ぎ待ちの静岡駅ホームにて

f:id:aiga:20171022085454j:plain

ハトが雨やどり?w

 

帰りの新幹線の中で確認すると

19時30分からローカル線の運休決定してた。

でも昼過ぎ、風雨強まる前に列車の遅れもなく帰宅

有給取り消さず明日の月曜丸一日休みだw

 

AOMORIマラソン

第26回AOMRIマラソン10kmに参加

 

レース結果

最近のいつも通りになってきた、

ほぼ最後尾からスタートw

後半少しづつペース上がって63分でゴール

ショッカーがキーキー言っててにぎやかだったw

ねぶた太鼓カネ笛の沿道応援と

子供達のハイタッチに力もらった

 

コース

 10kmとハーフがコース被りは後半10kmちょっとで

10km制限時間80分経過時、ハーフは60分経過と

まず追いつかれることがない、良いコースと時間設定

今年からコース変わったそうだ

こういう改良初めて体験したかも

 

 設備

更衣室テント小さいが中に居座る人いなくて空いてた

公園備付トイレはスタート1時間前で3人待ちと空いてた

荷物預けも窓口多めでスムーズ、

誘導不十分でちょい列できてたが。

露店が一店舗だけと寂しかったが待たずに買えた。

 

不満特に思いつかない良い大会だった

 

 

 ここからいつものリアルタイムもどきで

書いてた内容

 

1日目(7月1日)

 空港に着いて時間までのんびりと思ってたら

乗る便が整備のため欠航のアナウンス!?

どうしようかと焦ったが35分後の便に

乗り換えれて一安心

 

f:id:aiga:20170701140229j:image

f:id:aiga:20170701140232j:image

青森到着

う〜ん、青森空港の看板は出たとこでは見つけられなかった

札幌からの便も遅れているようで

青森駅までのバスも出発遅延

 

今日の観光場所

青森市文化観光交流施設

ねぶたの家 ワ・ラッセ

f:id:aiga:20170701155703j:image

ちょうど太鼓叩けるイベントやってた。

やっぱり手を挙げなかったけど

ちょと後悔

 

f:id:aiga:20170701171114j:image

全体写すとこんな小さくしか撮れなくて

f:id:aiga:20170701171150j:image

とにかく

f:id:aiga:20170701171217j:image

でかい

f:id:aiga:20170701171404j:image

写真じゃ伝わらないこの迫力

動かしてるところも見てみたいなぁ。

 

f:id:aiga:20170701171509j:image

モットー:バカであれ

という感じの気持ちの良い一言が気に入った人の作品w

 

f:id:aiga:20170701172046j:image

近くの桟橋も散策

ジワリと暑かった(^ ^);

 

夕飯にと決めてた食堂が満席で

急遽検索した店を外から覗くと閑古鳥

無難に?駅前にあった店へ 

f:id:aiga:20170701190321j:image

明日走るのにビールを一杯←

f:id:aiga:20170701194301j:image

ホタテ味噌焼(だったかな)定食を頂きました

うまうま

 

2日目(7月2日)

f:id:aiga:20170702115145j:image

到着

 

f:id:aiga:20170702120210j:image

受付済ませて、ゴール前通り過ぎて

適当に会場の公園歩いていると

f:id:aiga:20170702120321j:image

海岸に出た

うーみー

とは叫んでない

 

f:id:aiga:20170702120533j:image

開会式

遠来賞とシルバー賞が複数人

遠来は中国(のどこか忘れた)、対馬、沖縄

シルバーは全員80歳近くと紹介

同じくらいの人達にあげたっぽいw

 

f:id:aiga:20170702121126j:image

10km車椅子の部が最初にスタート

ランナー一人だけ。。。

優勝おめでとう(^ ^)

 

f:id:aiga:20170702121358j:image

例によってほぼ最後尾からスタート

 

f:id:aiga:20170702134631j:image

後ろ振り返るとショッカーや

f:id:aiga:20170702134702j:image

ジャギが控えていたw

 

f:id:aiga:20170702134727j:image

沿道にねぶたの太鼓とかカネで応援されて

 

f:id:aiga:20170702134841j:image

折り返し後は、ここにいた子供達にハイタッチで力貰った

 

f:id:aiga:20170702135014j:image

ゴールするとショッカー軍団がインタビュー受けてたw

 

f:id:aiga:20170702135045j:image

今朝バス停に着くまで

あいうら

だと思ってた今回の会場

 

f:id:aiga:20170702135154j:image

がっぽ

だった(^ ^);

 

 会場後にして

今日の宿と反対方向の青森駅に戻って

f:id:aiga:20170702134257j:image

昨日手を挙げられず後悔した、

ねぶたの太鼓叩けるイベント

日曜もやってるのを昨日確認してたので

ラ・ワッセにもう一回行って

今度は跳人体験にも参加して

飛び跳ねながら「ラッセーラッセーラッセラーッ」

と叫ぶのは結構楽しかったw

そして太鼓も1回目は子供たち優先かなと勝手に思い、

2回目、参加者募集してる人が持ってるバチに向かって

手を伸ばして参加!

力込めて叩くと響く音がすげー気持ちよくて、

リベンジしてよかったよっ

 

叩き終わって速攻出たが

電車間に合わず、1時間待つ羽目に

潔く諦めてワ・ラッセのイベント

最後まで見るかもう一回叩かしてもらえばよかった

 

f:id:aiga:20170702184009j:image

浅虫温泉に移動して

浅虫温泉森林公園の赤松巨樹と

陸奥湾展望所目指して

2時間予定で歩き始める

 

入口の稲荷神社へ向かう途中で

思ってたのと違う方向に

赤松巨樹の案内板が。。

そっちに行ってみた

f:id:aiga:20170702183939j:image

なんか

f:id:aiga:20170702184359j:image

それっぽい道しるべがあるし

正解なんだと進む

 

f:id:aiga:20170702184525j:image

この神社も調べた地図に載ってたので更に進む

 

f:id:aiga:20170702184712j:image

f:id:aiga:20170702184730j:image

アジサイがまばらに咲いてた

これがマップに載ってたアジサイロード

なわけないよな

 

ここでマップ確認

・・・目的二箇所のちょうど中間点あたりに出そうな

予定より時間がかかる道にみえたので

引き返して最初の予定の道へ(一回目)

 

f:id:aiga:20170702185922j:image

最初の予定の場所に着いた

f:id:aiga:20170702220823j:image

青森駅で貰ったマップより詳細

これぞ正解の入口←

 

f:id:aiga:20170703092645j:image

案内板もあった!

 

f:id:aiga:20170703092738j:image

なんかの碑

 

f:id:aiga:20170703092937j:image

所々に案内板があるから

 

f:id:aiga:20170703122941j:image

グーグルマップが役に立たないこんな道でも安心

ただし勾配のキツさは今日の10kmの比ではなく、

ぜーぜー言いながら登ってた(^ ^);

重いリュックは駅のコインロッカーに預けて正解と、

この後のきつい登りのたびにつぶやいてた(^^;

 

f:id:aiga:20170703123021j:image

後少し!

 

そして駅を出発してから約40分

f:id:aiga:20170703123516j:image

これが日本第2位の赤松巨樹!!

 

f:id:aiga:20170703123608j:image

別の角度

 

道にロープが張ってあり

巨樹に近づくなってことだろうと

ちょっと離れた位置からしか撮れなかったが

その巨大さは。。。

感動するほどではなかった(ぉぃ

 

直径10mくらいのぶっとい幹が

そびえ立ってると「おぉ!!」って

なったと思うけどね(^ ^);

 

気をとりなおしてもう一つの目的地へ

f:id:aiga:20170703124532j:image

 あじさいロードも見れるかな?

 

f:id:aiga:20170703124739j:image

これ以上倒れてこないよな。。。

と素早く下くぐる

 

f:id:aiga:20170703125042j:image

寂れた案内板

地図では真っ直ぐのはずが直角曲がり道

進んでいくと蜘蛛の巣に道ふさがれたりと

写真撮る余裕ないほど怪しく

『これは違うだろう』と思う道を進むと、

少し前に通った道にでた。

あのまま迷う道でなくてよかった。。

と思いつつ5マス戻った気分(2回目)

 

f:id:aiga:20170703130840j:image

この22が上の地図の22のことだよな?

でもアジサイは見当たらなかった。

真っ直ぐいけるはずの道が見つけれなかったので

あじさいロードは諦めて、ここから反対の遠回りの道へ

 

f:id:aiga:20170703131735j:image

展望所の案内板だ!

 

f:id:aiga:20170703131838j:image

クマ注意にちょっと不安とネタだの思いで撮ったw

が、今見ると21番?  22番を右に行ったはずだが??

(3回目)

 

f:id:aiga:20170703132326j:image

展望所には向かっている

 

f:id:aiga:20170703132720j:image

うん、大丈夫

 

f:id:aiga:20170703132753j:image

は? まじ!?

 

f:id:aiga:20170703132846j:image

すぐ横に迂回路あった

よかった。。。

 

f:id:aiga:20170703135106j:image

後少し!

 

f:id:aiga:20170703135132j:image

f:id:aiga:20170703135147j:image

目的地目前の休憩所はパス

 

f:id:aiga:20170703135221j:image

きつい登りの先に光が!

 

f:id:aiga:20170703135306j:image

 

f:id:aiga:20170703135332j:image

 

f:id:aiga:20170703135352j:image

着いた!!

 

f:id:aiga:20170703135525j:image

赤松巨樹から約50分

駅出てから約90分

汗だく蜘蛛の巣も少々つけて

辿り着いたこの場所には

「おぉーー」とちょっと感動の声が出た

 

f:id:aiga:20170703140040j:image

ベンチに座って

 

f:id:aiga:20170703140120j:image

気持ちのいい風に吹かれて

 

f:id:aiga:20170703140217j:image

しばし景色を楽しんでいた

 

時間そこそこ押してたので

f:id:aiga:20170703140558j:image

最短の水族館に出る道を選択

 

f:id:aiga:20170703140501j:image 

近っ

 展望所だけならネットで探した通り

10分かからない(^ ^)

 

f:id:aiga:20170703140817j:image

もう着いた

が水族館らしき建物見当たらず。。。

 

グーグルマップ確認すると

f:id:aiga:20170703152521p:plain

え?

いつの間にこんな所まで(汗)(4回目)

 

ここからのんびり歩いてると

飯の前にゆっくり風呂入る時間なくなりそうだったので

軽くジョギングで帰ることにした←

ジャージ姿にウエストポーチと

全く違和感ない恰好なので問題なし

デカいリュックはやっぱりロッカーに入れてきて

よかった(そういう問題じゃない

 

ま、まぁ90分ほどのナビなし道のりで間違ったの4回って

私にしてはマシなほうじゃね? ←

(山の中で道に迷って日が暮れてにならなくて

 ほんと良かった。。

 一応ライトは持って行ってたんだけどね(^^;)

 

予定通り17時過ぎにホテルにチェックイン

f:id:aiga:20170702171603j:plain

部屋から見えたこの島は、展望所から見えた島かな?

 

荷物整理して露天風呂へ!

いつも思うけど、マラソン目的だとシーズン外が多くて

大体貸し切りか2、3人とゆったり入れてよいw

(来月のねぶた祭だとこうはいかないだろうな、

 まず宿が取れない)

 

そして今回の夕飯は部屋食

f:id:aiga:20170702190536j:plain

・・・多っ

天ぷらは出来立てではなく冷めてたのが残念。。

 

f:id:aiga:20170702190712j:plain

サービスの生ビール

 

が来たところで

f:id:aiga:20170702192646j:plain

日本酒も先に頼んでこれで酒待ちになることなし!

ちなみに、この2つ飲み比べると右のほうがきついという

味の違いがめずらしく分かった(味か?

 

f:id:aiga:20170702192250j:plain

f:id:aiga:20170702192659j:plain

焼き物、たき物?も出来上がった

これは熱々、うまうま

 

なんだけど、今回なぜか日本酒が一合も飲まないうちに

もういいや状態で無理やり2合飲んだ感で

美味しく頂けず。。なぜ??

 

食べ終わったらフロントに電話でデザートの手はずだったが

20:30頃、しびれを切らしたのかお酒まだ御猪口二杯分くらい

残ってる時にデザートのアイスが運ばれてきた。

19時スタートの夕飯だったが、

こういう宿では18時に食べ始めれるように

予定組んだほうがゆっくりできるな。

 

3日目(7月3日)

朝起きて一応帰りの空港までの時間をアプリで検索。

すると。。調べてきた時間より早いのしか出てこない。

事前に調べた時刻表が6月30日まで

7月1日から時刻表が変わってたΣ(・▽・

 

朝食は7時から、時間に余裕がなく

メインのその場で焼くホタテ料理をゆっくり食えなかった。

でも最速7時からと聞いてたのに

朝食の場所に行くとすでに何人か食ってた。

焼き物もすでに食っていたので

言えば6時30分からでもOKだったんじゃ。。

食いきるには時間が足りなくちょっと残してチェックアウト

 

帰りの飛行機は雨のせいかちょっと遅れたが

行みたいに欠航にならなくてよかった

 

地元駅について、いつもはまっすぐ家に帰るのだが

昨日、お酒を美味しく飲めなかったので

リベンジとコンビニでチューハイ二本買って帰った(

 

以上、AOMORIマラソン、というか迷走散策記でした。

魚津しんきろうマラソンと富山観光

GW小旅行兼ねて富山の魚津しんきろうマラソンへ

てか観光七割マラソン三割な気分w

f:id:aiga:20170430083637j:image

 

まずはマラソンまとめ

出場したのは10km

会場発表27度と四月とは思えない気温

(記録証記載は23度)

ではあったがそれほど暑く感じなかったのは

風が強かったおかげか

でも終盤折り返して追い風になると

一気に暑くなった

ほぼ最後尾からスタートして

7:30とゆーっくり入って

徐々にペース自然と上がって行くので

最後までほぼ抜いてばかりで気持ちいいw

タイムはグロス65分と遅いんだが

申込み者数1602人中606位と

えらく前の方だった

。。。千人近くも抜いたかな?(^ ^)

(追記)

RUNNETで公式結果見ると

606/923位だった

大会プログラム見直したが

申し込み1602人もあってた

約700人も不参加?

 

 

コースの広さはまずまずだけど

左に寄っての誘導聞こえてないのか

無視なのか追いついて来たハーフランナー

の邪魔になる人はやっぱり見かける

今まで気づかなかったけど

給水は遅いランナーの集団の中

スピード落とさずに取るのは無理だよね

混合レースの永遠の課題か。。。

 

 設備面

電車なので駐車場のことは不明

荷物は貴重品以外預ける場所なし

ドーム内の観客席が使えるので

椅子一個分の荷物置くだけなら

場所確保しやすいかな

端っこ確保するには早く行くしかないが

更衣室は別にあり着替えはそっちを利用した

何人かは居座ってた感じだが

多くは着替え終わったら出て行ってたので

着替え場所も困らず

トイレの数もまずまずで大に並んだ時間15分程度
でも女子は長蛇の列になってたな

無料の水があるので着替えた後に

ペットボトル持ち歩く必要なく良かった

 

大きな不満のないいい大会だった! 

 

 いつものごとく

ここからは写真撮りながら

(下書で)リアルタイム更新してた内容です

 

1日目4月29日

f:id:aiga:20170429151351j:image

米原駅、特急しらさぎ連結

 

f:id:aiga:20170429121412j:image

ホームにリザードマン!?

移動中の列車の中から見えた。

さすが福井w

 

 

 

f:id:aiga:20170429135845j:image

新黒部駅から見えた雪山

立山

 

f:id:aiga:20170429151757j:image

これでトロッコに乗りに宇奈月駅

 

f:id:aiga:20170429152013j:image

今日の目的地到着

 

f:id:aiga:20170429152106j:image

鉄橋〜

 

f:id:aiga:20170429152805j:image

宇奈月ダム見れるようだ

 

f:id:aiga:20170429153307j:image

ちょっと不気味だったw

 

f:id:aiga:20170429153347j:image

宇奈月ダムと雪山

いい絵が撮れたっ

 

f:id:aiga:20170429153518j:image

トロッコが行く

撮りたかった一枚(^^)

 

f:id:aiga:20170429153613j:image

展望台から

・・・こっちからトロッコ撮りたかった

 

f:id:aiga:20170429153756j:image

散策終えて乗車待ち

団体客多い

隣の団体は台湾

 

f:id:aiga:20170429153858j:image

乗車〜

ってこの車両3人かい

最終便だからかな?

 

f:id:aiga:20170429161613j:image

今度はトロッコから見る鉄橋

やっぱり誰かこっち撮ってるw

 f:id:aiga:20170429162321j:image

ほんとに桜まだ咲いてた

 

f:id:aiga:20170429162431j:image

宇奈月湖と赤い橋が綺麗

 

f:id:aiga:20170429170545j:image

お城のような発電所

 

f:id:aiga:20170429170851j:image

山には雪が残ってた

 

f:id:aiga:20170429170958j:image

f:id:aiga:20170429171008j:image

猿が渡るための橋だそうだ

 

f:id:aiga:20170429171118j:image

f:id:aiga:20170429171146j:image

由来の説明わすれたが

お地蔵さんのように着飾らせた岩

 

 f:id:aiga:20170429171339j:image

新緑が綺麗

奥に雪山というのもまたいい

 

f:id:aiga:20170429171458j:image

トロッコすれ違い

 

f:id:aiga:20170429171603j:image

黒薙駅

駅員が私に

一人ですか? 泊まりですか?

と聞いてきたので

何事かと思ったら

すぐ後に一人降りた

その後に写真の看板に気付いた

温泉旅館があるようで

一人で泊まりに来た客を探していたようだw

 

f:id:aiga:20170429172417j:image

封鎖中の線路

ちょっと行ってみたいw

 

f:id:aiga:20170429172514j:image

終点〜

今の時期はここで折り返し

左に写ってる看板に注目

実物見たいぞw

 

f:id:aiga:20170429172801j:image

行きに撮り損ねた

宇奈月ダムと赤い橋

 

f:id:aiga:20170429172906j:image

以上、黒部峡谷トロッコの旅でした

 

ちなみに窓無し席は風が冷たく

折り返したあたりから

手がかなり冷たくなってた

 

夕飯はホテルのレストラン

のつもりだったが、3日前要予約

しゃーないのでホテルオススメの外の店へ

 

店名が道とんぼり、富山だよなここw

ホテルでもらったドリンクサービス券で

日本酒一合と道とんぼり御膳を頂いた

刺身や天麩羅がメインでご飯とデザートあわせて

8品が一品づついいタイミングで出て来たので

よく見てるなと思ってたが

ご飯食い終わった後に漬物出て来て

まさかコレがラストの果物?

と勘違いしてお勘定ていったら

ケーキが出て来た(^ ^);

結構満足できた店でした

でもやっぱもっとお酒飲みながら

楽しみたい店でした

 

2日目4月30日

マラソン当日

ホテルの無料朝食いただいて

一駅隣の会場へ

 

f:id:aiga:20170430155356j:image

会場のありそドーム見えた

会場出入口そばに喫煙所がにあった

なんでこんな所に。。。

と思ったら、ありそドームの

裏口だったようだ

これは仕方ない

 

f:id:aiga:20170430155435j:image

ドーム正面

。。。体育館でよくね?

ドームの定義ってなんだろう

 

f:id:aiga:20170430155610j:image

開会式

を本部側から撮影w

 

f:id:aiga:20170430155655j:image

スタート10分前

今回も最後尾に並ぶ

スタートのペースは最後尾がふさわしいんだ

アップする気ないから←

 

終盤折り返した後のコースに

救急車。。。ランナー一人倒れていた

暑さにやられたのか、大事になってなければいいが

 

ゴールして

無料のしんきろう汁頂いて

f:id:aiga:20170430160412j:image

後はこれ食った

できるの遅かった気がしたが、割と美味かった

天下一品のこってりスープにハマると

どれ食っても物足りないけど(^ ^)

 

f:id:aiga:20170430160923j:image

しばらくハーフのゴールを見守って

というか奥に見える立山か別の山か

を電線の邪魔なく撮りたいなと

高い場所探してたw

 

会場後にして

今日の観光地蜃気楼の見える海岸へ!

f:id:aiga:20170430160847j:image

海を見ながらのんびりあるくこと

時間見てない←

海の駅見えて来た

 

f:id:aiga:20170430161529j:image

説明板があり

この周りに人が集まっていた

三脚に設置したカメラもずらり

 

f:id:aiga:20170430161717j:image

まぁ

f:id:aiga:20170430161734j:image

この

f:id:aiga:20170430161801j:image

気温

f:id:aiga:20170430162755j:image

だし

f:id:aiga:20170430161831j:image

無理と思ってたけどね

やっぱり見れなかった。。。

 

f:id:aiga:20170430161917j:image

でも海と反対側の立山

綺麗な白が撮れたんじゃないかな!

 

f:id:aiga:20170430162128j:image

早々に諦めてバス待ってる間に駅に着くわと

波打つ海岸見ながら歩いて駅に行って

今夜の宿の五箇山

高岡駅で乗ったの私一人だったw

新高岡駅から乗ってきたのも二人だけ

 

五箇山荘に着いて

露天風呂(口コミ通りちょいぬるかった)

に入ってから夕食

f:id:aiga:20170430204631j:image

行ったらもう用意されてた

生ビール頼んで頂きまーす

 

f:id:aiga:20170430204730j:image

料理多いしすぐ腹はるビールは

いっぱいだけで日本酒へ

 

f:id:aiga:20170430204845j:image

明日食う予定のホタルイカ

山中のここで出るとは思わなかった

 

f:id:aiga:20170430205149j:image

お品書き

 

f:id:aiga:20170430205214j:image

天麩羅きた

 

f:id:aiga:20170430205232j:image

鍋も出来た

ってちょっと追いつかない(^ ^);

 

f:id:aiga:20170430205401j:image

2本目

 

ラスト一本は大吟醸にしようかな

味の違いわからないだろうけど←

と思ってたが

店員:宜しければご飯を

私:お願いします

f:id:aiga:20170430205701j:image

流された←

程良い酔いだしまぁよし

 

f:id:aiga:20170430205923j:image

デザートのプリンを葡萄の皮ごといただいて

 

f:id:aiga:20170430210001j:image

ご馳走様でした

満足〜

流されたけど結果はこれで飲み終えて良かった

明日もあるしw

 

3日目5月1日

f:id:aiga:20170501092155j:image

小雨の中宿を後にした

 

f:id:aiga:20170501092239j:image

f:id:aiga:20170501092247j:image 

バス停までの道に

昨日聞いた流刑小屋があった

 

f:id:aiga:20170501092345j:image

橋を渡って

 

f:id:aiga:20170501092405j:image

バス停近くにある

村上家を撮影

 

バスに乗って管沼へ

f:id:aiga:20170501115958j:image

到着

雨が激しくなってました。。。

 

f:id:aiga:20170501120213j:image

先に集落一望できる場所に登ってパシャリ

昔話な風景だ

 

f:id:aiga:20170501120148j:image

下に降りて集落の中へ

 

f:id:aiga:20170501120837j:image

雨宿り

 

f:id:aiga:20170501120921j:image

こっちは人住んでないのかと思ったが

生活の匂いがw

 

f:id:aiga:20170501121102j:image

f:id:aiga:20170501121148j:image

食事処

か土産屋か忘れた←

 

f:id:aiga:20170501121527j:image

雨の中そこそこ観光客

バスも来てたな

 

途中予報どうり雷雨になった。。

 

11時まわってやっと小雨に

f:id:aiga:20170501125649j:image

一面の田んぼと墓場

ここだけ撮ると

うちの村と大差がない(^ ^)

 

f:id:aiga:20170501130046j:image

その田んぼからの集落風景もなかなか良い

 

f:id:aiga:20170501130125j:image

神社があったので

 

f:id:aiga:20170501130143j:image

お賽銭入れてきた

 

午後は相倉集落へ移動

バス停着く直前また本降りになったが

着いたら小雨

f:id:aiga:20170501151432j:image

遊歩道歩いて集落についたら

ほぼ止んでた

 

f:id:aiga:20170501132012j:image

まずは飯

まつや定食

f:id:aiga:20170501132021j:image

遅れてラスト一品天麩羅

美味しかった〜

がちょっと量多かった(^ ^);

 

食い終わると、また本降りに。。。

雨雲レーダー見ると

15分ほどで止みそうだったので

しばらく勝手に居座らせてもらった(^ ^)

 

レインコートいらない程度の

降りになったので散策開始

 

まずは高台へ

f:id:aiga:20170501151745j:image

結構息切らして到着

 

f:id:aiga:20170501151832j:image

おー

ちょっと駐車場邪魔なので

外すくらい上向けて撮影

f:id:aiga:20170501151928j:image

暗い。。。

 

ならズーム!

f:id:aiga:20170501152115j:image

うん、いいね

 

f:id:aiga:20170501152240j:image

降りて集落内散策へ

 

f:id:aiga:20170501152318j:image

途中でつくし発見

もう食いごろはすぎてるけど

ここの人たち食わないのかな? 美味しいのに

と思ったらそこら中に生えてた

これは取り尽くせないw

 

f:id:aiga:20170501152541j:image

ここにも神社があった

 

f:id:aiga:20170501152608j:image

賽銭入れてお参り

 

f:id:aiga:20170501152651j:image

へー

あとで民俗館の人が教えてくれたが

皇族泊まりに来たそうな

 

f:id:aiga:20170501152837j:image

これは更に古い時代のような

 

f:id:aiga:20170501154826j:image

マップ頼りにここ目指したら

民家の裏っぽい所から辿り着いた

あれも通行御遠慮下さいのあぜ道だったのかなぁ

私の感覚ではあぜ道には見えなかったが

区別がつかん(^ ^);

 

f:id:aiga:20170501155426j:image

雪かきの後かな

山盛りの雪もあれば

 

f:id:aiga:20170501155642j:image

春っぽい花も咲いてる

 

f:id:aiga:20170501161541j:image

民俗館へ

管沼の民俗館で撮影禁止と聞いたので

ここもそのつもりで見てたら

シャッターオン

あれ? いいの?

と思いつつ産業館へ

入ってすぐ「わ、これ撮りたい」

ってのがあったので聞いて見ると

撮影OKもらった

f:id:aiga:20170501155721j:image

これが一目見て撮りたくなったやつ

手動切り替えの電話交換機w

頼んだ相手に繋がったつもりで喋り出したら

聞かれたくない相手に

間違って繋げられたってのあったのかな?w

 

f:id:aiga:20170501160928j:image

婚姻衣装?

 

f:id:aiga:20170501161257j:image

富山の民謡こきりこで使う楽器ささら

管沼で触れるやつあったので

適当に触って音出たが

相倉で見たビデオでは

鳴らし方だいぶ違ってた(^ ^);

 

f:id:aiga:20170501161615j:image

そういや集落内に宿泊施設あったんだよな

なんとなく不便そうと思ったのと

やたら話しかけられそうな気がして

(こっちの方が嫌(^ ^);)

選択肢に入れなかった

 

回りきれなかったが時間きたのでバス停へ

f:id:aiga:20170501162547j:image

なんとなくもう一枚

和む

 

来る前は1時間で飽きて

ぼーっと日向ぼっこでもしてそう、

それもいいかもと思ってたが

相倉2時間半じゃ足りなかった

管沼も晴れてれば2時間じゃ足りなかったな

日向ぼっこするには相倉だけで

4時間ほしいかな(笑)

 

さて、ラスト宿の富山駅付近へ

シャワー済ませて夕飯呑みへ

f:id:aiga:20170502004035j:image

まずはやっぱビール

 

f:id:aiga:20170502004114j:image

付け出し

説明は右から左へ←

 

f:id:aiga:20170502004328j:image

刺身

楽しみにしてた一つ、白えびもある

エビの形してないエビ料理って初めてかも

 

f:id:aiga:20170502004446j:image

一番楽しみにしてたホタルイカ

f:id:aiga:20170502004744j:image

グツグツ

ニャーニャー(違

昨日五箇山で食ったのはイマイチだったが

鍋で煮たこれは美味かった♪

 

f:id:aiga:20170502005057j:image

一匹目煮過ぎて爆発したが←

 

f:id:aiga:20170502005233j:image

焼き魚と日本酒

 

f:id:aiga:20170502005308j:image

ここで多分お品書きはこれだと思った

 

f:id:aiga:20170502005443j:image

肉〜

自分的に肉がメインじゃないってめずらしいなw

 

f:id:aiga:20170502005605j:image

予約入ってるぽい向かいの席まだ来ない

(余計なお世話)

 

 

f:id:aiga:20170502005730j:image

揚げ物と日本酒4合目
富山の深海魚だそうだ
めずらしくないかい?

 

一品日本酒一合ってのも
よく飲んだ気がw

 

その為。。。

 

ろれつが回らなくなった頃に
正面のカップルが来た

↑書いた記憶がない

 

f:id:aiga:20170502005839j:image

ごはん〜

撮った記憶ない←

 

f:id:aiga:20170502005914j:image

デザート

うん、覚えてない←

 

富山ラスト呑み堪能出来ました!

記憶途切れてから

目覚めたら24時30分でした←

料理の写真撮ってるし

迷惑はかけてないと思いたい(汗)

 

f:id:aiga:20170502011635j:image

薬飲んでたし

ホテル浴衣に着替えてて

ハンガーに掛けてた服がすげー半端な掛け方で

ホテルの人がやってくれたと思えないので

きっと酔った自分がやったんだ

そうに違いない(汗)

 

4日目最終日5月2日

 

来た道帰るだけで撮るものないと思ったが

f:id:aiga:20170502110747j:image

こんなの見つけたw

 

以上、富山観光

じゃない

魚津しんきろうマラソンと富山観光でした